新しい酒は新しい革袋に

Img_20190101_073609_557_2

平成最後の元旦、遠州灘海岸からは雲一つない素晴らしい初日の出を拝むことができました。今年1年のみなさまのご健勝ご多幸をお祈り申し上げます。

2018年の漢字は「災」でした。

6月の大阪府北部地震、7月に岡山県や広島県に大きな被害をもたらした豪雨災害、酷暑の夏、9月には台風21号、北海道胆振東部地震、さらに記憶に新しい台風24号など、確かに自然災害の多かった年でした。

防災は「自助・共助・公助」が大切と言われて久しいですが、秋の大停電ではあらためて日頃の備えの大切さを痛感いたしました。

2019年は「災い転じて福と為す」、そんな年にしたいものです。

さて今年5月、元号が改まります。新たな時代の幕開けです。

平成が始まったバブル真っ只中の30年前、右肩上がりの成長を信じて疑わなかった人が多かったのではないでしょうか。私自身、現在のような経済・財政状況、人口減少、少子高齢化などここまで深刻になるとは思ってもいませんでした。

一方、近年のICTやAIなどの技術革新はめざましいものがあります。

当時営業マンだった私の必携品はポケットベルで、“移動電話”を持っていた販売店のオヤジさんをうらやましく思ったものでした・・・。

ことほど左様に、30年先を見据えて政策を考えるというのは難しいことかもしれません。しかし右肩上がりの経済成長や人口増が望めない今、それをやっていかないと、将来世代に大きな禍根を残すことになります。

バックキャスティングの発想が必要です。

「新しい酒は新しい革袋に盛れ」と言います。

時代の大きな変化の中、私たちはアンテナを高く伸ばして国内外の情報を収集し、これまでやってきたことを大胆に見直し、未来志向で社会システムを変えていかないといけません。

若いみなさんにより良い静岡県を引き継いでいくために、そしてこどもや孫の世代のために、これからも全力で取り組んでまいります。

本年もご指導ご鞭撻、さらにご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

_20190106_092200 写真下は佐鳴湖で行われた元旦恒例の入野地区自主防災隊消火部出初式。佐鳴湖にかかる霓がキレイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さなるSSS

Sss_2 久しぶりに顧問を務めている「さなるスポーツ少年団サッカー部」の試合を観にきました。ウチの2人の息子も育てていただきました。

今日は5年生(U11)のホンダカップ。残念ながら午前中の準決勝で敗れ3位決定戦に回りましたが見事3位になりました。

写真はコーナーキックからのセットプレーでヘディングシュートを決めたところ!

ここまで来るとまわりはクラブチームばかりですが、少年団もガンバってます。次は県大会。楽しんできてね~(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台風21号

Shinosaka1 台風21号の影響で、予定していた視察を中止し、浜松に戻ってきました。

予定では新大阪から新幹線で福山経由、しまなみ海道をバスで松山へ行く計画でしたが、案の定、新幹線が止まってしまいました。

午前中に浜松に帰ってきましたが、午後2時頃からは東海道新幹線も止まったようで、東海道線 浜松以西も12時頃からSTOPしています。

JR西日本は昨日のうちから「朝9時以降電車を止める」としていましたが、計画的に停止したほうが利用者にとっては対応しやすいですね。

昨日訪問したコニカミノルタジャパン様では、訪問中に「在宅勤務などテレワークを推奨します」と館内放送していました。

今回の台風、関西方面を中心に全国で強風や高波の影響などで大きな被害が出ています。お亡くなりになられた方もあるようです。

被災状況はまだまだ拡大しそうですが、とても気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

長月

秋の一日を楽しませていただきました。

①防災訓練(浜松市消防団西区支団第一方面隊訓練)

Shitoro1_2 Shitoro2 Shitoro3 浜松市消防団32、33、38分団の訓練が、志都呂町自治会のみなさんのご協力をいただき行われました。9/1は防災の日。1923年に関東大震災が発生した日です。地震災害もさることながら、最近は豪雨災害の猛威が目につきます。ハザードマップのご確認をお願いします。

②彦尾屋台お披露目式

Hikoo1 Hikoo2 入野町彦尾の鶴亀連の新しい屋台のお披露目式が行われました。前の屋台は昭和初期のものということで約90年が経過していたとのこと。新屋台でのおまつりをとおして地域コミュニティの活性化につなげていただきたいですね。

③V-strom ミーティング

Vst1 Vst2 スズキ本社でVストロームミーティングが行われました。函館ナンバーから福岡ナンバー、愛媛ナンバーまで、全国から多くのVストロームファンが集まってくれました。バイクのふるさとの魅力を発信していきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若者と政治

若いみなさんとの楽しい1日でした。

昼の部はクリエート浜松で「ワカセイッ!! 若者×政治」に参加、夜の部はおしゃれなバルで「はままつ若者政治バル」というダブルヘッダーでした。

「ワカセイッ!!」は高校生・大学生とのワークショップ。アイスブレイクに始まり、人口流出問題に関する若者の意見を聞かせてもらいました。

「政治バル」はビールを片手にワイワイ(未成年者はソフトドリンクです)。学生さんから社会人まで多様な参加者とともに、「若者政策」「浜松市の課題」などなど話は尽きませんでした。

両方とも山﨑真之輔議員のお誘いでしたが、なかなか面白かったですね。宿題ももらっちゃいましたが・・・^^;

9/8(土)には「第4回 ふじのくにカフェ」をやりますが、カタチにとらわれず、若者の声を聴くことが大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

豪雨の爪痕

37010188_1838746592885773_636032864 36963560_1838746622885770_514163847 このたびの豪雨では、広島県、岡山県、愛媛県など広範囲にわたり大きな被害が出ました。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。また被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げますとともに一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

マスコミで報道されない地域でも、さまざまな被害が出ています。私も親戚が床下浸水するなど被災したため、お手伝いでもと思い、過日、1日だけでしたが行ってきました。

幸い生命に影響はなかったものの、「夜中に玄関先まで迫ってきた水を見て、生きた心地がしなかった」という伯母の話からは、リアリティを持って高齢者世帯の避難の難しさが伝わってきました。

一命は取り留めたものの家屋や家財、農産物など経済的な被災された方もいらっしゃいます。早く日常を取り戻してほしいものです。

その一方で、明日は我が身。私たちも常に災害に備えておく必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運動不足

Dsc_0001 金曜日に労組主催のボウリング大会で始球式をやりました。

ボウリングの球を投げるのは5-6年ぶりでした。昔取った杵柄・・・と気合を入れたのですが、あえなく1ピン・・・、ショックでした。(昔はよくやったんですが・・・)

そのショックも冷めやらぬ今日は、子ども会のソフトボール大会の始球式。

今日こそは・・・と臨みましたが、山なりのボールはストライクゾーンを大きく高めに外れてしまいました(^^;)

野球もここ数年やっておらず、ソフトボールの始球式も半年に一回ではうまくいくわけもありません。日頃の運動不足を痛感した始球式でした。

体重は増えないよう気をつけているのですが、筋肉の衰えは隠せません。ちょっと運動したほうがイイかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビーチラグビー東海大会

Dsc_0213 ビーチラグビー東海大会が浜松市総合水泳場ToBiO近くの篠原海岸で行われました。

15回記念としてご当地アイドルH&A.が開会式に参加。これまでにない盛り上がりを見せました(^^;)

浜松市は「ビーチ&マリンスポーツの聖地」として発信しています。15年目を迎えるビーチラグビーはその「草分け的存在」です。

来年はラグビーW杯も開催されます。ビーチ&ラグビーの魅力を発信していきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

浜松まつり初日

Jingoro 浜松まつり初日の朝は雨のスタート。

すでに雨は上がったようですが、入野地区組は今日の凧場行バスを中止しました。ちょっと残念ですが、組の判断を尊重します。

とはいえ、入野地区組の朝は例年どおりに始まりました。

写真は「佐橋甚五郎翁之碑」。入野町彦尾にあります。

今朝7時から、凧揚げ発祥の地として造られたこの場所で、おまつりの安全などの祈願祭が執り行われました。

今日は娘夫婦も帰ってるのでノンビリします。

明日は凧場に行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Uberを使ってみた

今月の建設委員会で諸田洋之議員が「Uber(ウーバー)」について取り上げていました。

2019ラグビーW杯で海外からのお客様を迎える本県において、諸外国で当たり前になっている「Uber」のような配車アプリが使えないことには、私も懸念を持っています。

諸田議員は空港からの二次交通としての利活用に触れていましたが、私は浜松市や掛川市、静岡市などからエコパへ行く手段としての利活用が期待できるのに…と思っています。

過日、京丹後市で国内唯一のUber(★丹後町の「ささえ合い交通」)に乗ってみましたが、こうした特別な地域以外では、国内では“白タク”行為とされ利用できません。

今、この事業ができるのは、国内ではタクシー事業者だけです。タクシー事業者が「Uber」のような配車アプリを使って海外からのお客様に対応すべきではないかと思っています。

ラグビーW杯まであと1年半。“おもてなし”の準備に使える時間はあまりありません。しくみの構築や通信機器の整備などを早急に進めるべきではないでしょうか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな中、一度は実地を・・・と考え「Uber」を使ってみました。

結論は「いたって簡単」。

準備は、スマホにアプリをインストールし、ユーザー登録とクレジット決済手続きをしておくだけ(ここまでは事前にしてありました)。

利用時は、アプリを開き、目的地を地図で入力(タップ)すると、利用できる車種グレード(UberX・SUVなど)が選択できます。人数や用途に合わせて選ぶと利用料金が示されます。

私の場合、初めての利用だったせいか、この時、SNSで送られてくるユーザーコードを入れるというステップがありました。

あとは待つだけ。地図上で迎えに来る様子がわかり、あと○分という表示も出ます。このときの待ち時間は3分ほどでした。

最寄のドライバーが来てくれるのですが、事前にドライバーの名前や評価(!)、車種やナンバープレートもわかるので安心です。

ドライバーが「TAGUCHI?」と声をかけてくれ乗車。

目的地とルート、到着予想時刻がアプリの地図に示されており、何も話さなくともそのまま行ってくれます。

到着後は降りるだけ。おカネのやり取りはクレジット決済なので不要です。

Pdx

料金はタクシーの半分くらいと聞きましたが、ぼったくりの心配や余計な料金交渉などもなく極めてラクでした。

この図はポートランドのホテルから空港までの見積もりですが、通常のUberXで2500円から3000円となっています。実際昨年5月にタクシーを使ったのですが40ドルでしたので、今思うとUberの方が安かったですね・・・^^;

・・・・・・・・・・・・・・

使ってみて、最初に書いた懸念がますます強まりました。

普段からこんなラクな移動手段を使っている諸外国のお客様が、日本に来てコレが使えないと知ったとき、どう思うか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧