12月定例会 開会

本日、12月定例会が開会しました。

補正予算は約7億円。10月の台風21号の高潮で被害を受けた漁港や港湾の災害復旧が大きなものです。

このほか、2019ラグビーW杯で、日本代表戦がエコパで行われることが決まりましたが、この試合を含め全4試合がエコパ行われることを受けPR予算が提案されます。日本代表vsアイルランドは2019年9月28日。楽しみです。

条例では、来年3月島田市にオープンする「ふじのくに茶の都ミュージアム」という施設の運営に関する条例が上程されます。

また、国民健康保険の制度改定に伴う条例制定があります。国保は主に自営業者や会社を退職した人が対象の医療保険制度です。これまでは市町村が運営していましたが、来年度から県が関与することになりました。

・・・・・・・・・・・・・・

今議会の注目は「総合計画」です。

パブリックコメントも予定されていますので、多くの皆様のご意見をお聞かせいただければと思います。

県は来年度から10年間の県の指針となる「静岡県総合計画(基本構想)」の策定を進めています。合わせて前期4年間の具体的な「戦略計画(基本計画)」が議論されます。

本会議終了後、全員協議会を開催し、部局長から最新の計画案の説明がありました。

9月定例会に提案された案には、議会からいくつかの指摘が出されていました。

現計画が“ふじのくに”とひらがな表記であるのに対し、新ビジョン(案)では「富士の国」と漢字表記になっていた点、私も一般質問で取り上げた「行政経営の位置づけ」、「有徳の人」の育成の継続については議会の意見を反映し、今日までに修正されました。

一方、「Dreams come true in Japan」は英語表記でわかりにくいとの声がありましたが、これは残っています。みなさん、この意味わかりますかね?

昨日までの案は下記のとおりです(本日の提案で一部修正されています)。

★総合計画基本構想(案)

・・・・・・・・・・・・・・

私が議員になってからの10年前、人口減少、グローバル化、IT化など社会は大きく変わりました。一方、地震防災対策やセーフティネットの充実など住民の命を守るという行政の使命は一層の強化が求められるようになりました。

世界に目を向けると人口増加、食糧問題、エネルギー問題、地球温暖化、テクノロジー進展に伴うAIやフィンテックの導入等々、ものすごい勢いで複雑化多様化が進んでいます。国連が定めるSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)もあります。

次の10年はこうした時代潮流を踏まえる必要があります。こうした時こそ私は、現状の延長線で考えるのでなく、あるべき姿を見据えた“バックキャスティング”の発想が必要と考えています。

大枠は川勝知事の考え方を尊重したいと思っていますが、今後提起される基本計画の個別項目については、「守るべきものを守り、変えるべきものを果敢に変えていく」。こうした気概を持って進めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一般質問を行いました

9月28日、衆議院が解散した日に一般質問を行いました。

マスコミはもっぱら国政、特に希望の党の方向性に関するニュースが多いですが、私たちは粛々と県政に取り組んでいます。

先日のブログで報告しましたが、質問項目は下記のとおりです。今後「質問と答弁」の概要をアップし、リンクを貼っていく予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.総合計画策定に合わせた行政経営改革について

 (1)次期総合計画における行政経営の位置づけ

 (2)財政健全化の取り組み

2.地方自治法改正に伴う庁内体制整備について

 (1)内部統制整備

 (2)監査制度の充実

3.水道事業の広域化について

4.今後の産業成長戦略について

5.多文化人材の育成支援について

 (1)留学生受け入れ支援のあり方

 (2)外国人生徒への支援

6.高校生のマナーアップ運動の推進について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相変わらず、質問項目を欲張りすぎて、再質問や意見要望を述べる時間が足りず、少々不本意でした。次回は小項目で5~6問に絞り込みたいと思います。

D1 D2 D3 D4

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

9月定例会開会

県議会9月定例会が開会しました。

主な議案は13日のブログで報告していますが、今日は新たに平成28年度決算に関する資料が ドカン と配布されました。

決算特別委員会は9月定例会閉会後、10月末から11月初旬にかけて行われます。今回は主に建設委員会関係の決算をチェックすることになりますが、今後公表される統一基準による財務諸表の特徴などについても今後報告していきます。

初日の今日は知事の提案趣旨説明と当面する県政課題の報告がありました。

議案以外の報告内容は次のとおりです。

●次期総合計画の策定

●命を守る安全な地域づくり

 ・総合防災訓練

 ・局地豪雨対策の推進

 ・地震防災センターのリニューアル

●暮らしの豊かさの実現

 ・産業人材の確保・育成

 ・中小企業・小規模企業の支援

 ・企業立地の促進

 ・お茶の振興

 ・2020東京五輪・パラリンピック

 ・地域外交(モンゴル・南米・中国・イタリア)

 ・富士山世界遺産センター

 ・伊豆半島ジオパーク

 ・ロダン没後百年記念事業

 ・美しい伊豆の景観づくり

●福祉の充実

 ・障がいのある人にやさしい社会づくり

 ・障がい者スポーツの振興

次期総合計画の策定については、そのうちの行政経営改革に関して一般質問で取り上げます。

障がい者にやさしい社会づくりは、今回は質問では取り上げませんでしたが、私のめざす社会像でもあります。所管委員会ではありませんがチェックします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はこのほか議員研修会が行われ、日本総合研究所 所長の 松岡 斉 氏から、「県民幸福度研究 -幸福度ランキングの政策・施策への活用-」との講演を聴きました。

2016年度の都道府県ランキングでは、本県は10位とのことですが、指標をみると「先行指標」があまりよくなく、将来が懸念されるとのこと。またあらためてチェックしたいと思います。

そのほか会派政調会や、私学協会の式典などもあり、なかなか盛りだくさんの一日でした。

さあ、ガンバロウ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一般質問のテーマ

919 9月28日(木)13:30から一般質問を行います。

通告はこれからですが、今日、通称「レク」と呼ばれる「趣旨説明」を行いました。

下記のテーマを取り上げる予定です。

 1.総合計画策定に合わせた行政経営改革について

  (1)次期総合計画における行政経営の位置づけ

  (2)財政健全化の取り組み

 2.地方自治法改正に伴う庁内体制整備について

  (1)内部統制整備

  (2)監査制度の充実

 3.水道事業の広域化について

 4.今後の産業成長戦略について

 5.多文化人材の育成支援について

  (1)留学生受け入れ支援のあり方

  (2)外国人生徒への支援

 6.高校生のマナーアップ運動の推進について

今月前半は質問テーマ調整で担当者とやり取りする日々でした。

ちなみに、検討したもののやめたテーマには、「人事処遇制度」、「ビジネスプロセス・リエンジニアリング」、「官民連携方針の検討」、「中小企業・起業支援」などがあります。持ち時間25分で収まりきれないので、担当と意見交換する中、趣旨は伝えましたが止めることにしました。

何度か取り上げている項目が多くなってきましたが、できていない項目については、継続チェックも必要なので、やむを得ないかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

9月定例会議案

本日開催された議会運営委員会で9月定例会の議案が報告されました。

9月定例会は9/20(水)から10/12(木)の23日間開催される予定です。本会議での質問は25(月)~29(金)。私は28(木)に一般質問に立ちます。内容は後日報告します。

●補正予算案は、一般会計24億52百万円+特別会計4億4百万円の合計28億56百万円。

大きなモノは、河川・砂防施設への防災対策費10億円。当初予算で25億円計上しましたが、7月の九州北部豪雨を受けて対策を急ぎます。これは建設委員会の所管になりますのでしっかり議論します。

人手不足感が強まっている中、人材確保対策も講じています。中小企業の採用支援のほか、大学生のUIターン支援、看護師・保育士の再就業支援や介護人材の確保などを予算化しています。

話題になりそうなものの一つに、「地震防災センターのリニューアル」があります。予算議案は4550万円と債務負担行為限度額8900万円ですが、15億円規模の改修を考えているということなので、内容の精査が必要とみています。

●条例改正では、「富士山世界遺産センター」のオープンを12月末に控え管理運営に関する条例が提案されています。

また2020東京五輪・パラリンピックの会場となる伊豆半島の景観保全のため、伊豆半島における屋外広告物を規制する条例改正案が出されています。自然景観に不似合いな看板を規制する考えで、先々、県内各所に拡大したい狙いですが、事業者との調整が課題になりそうです。

●その他議案では、(仮称)浜松西警察署の工事請負契約や県消防防災ヘリコプターの購入等が出されています。

これらの議案は10/3(火)から常任委員会で議論されます。ご注目ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月定例会 閉会

Titan 6月定例会が今日閉会しました。

知事選直後で補正予算など大きな議案はなく、知事提出議案17件はすべて可決。川勝知事3期目のスタートは無難な船出となりました。

追加提出された人事案件では、空席になっていた教育委員に、新たな分野の事業に取り組んでいる女性経営者 加藤 百合子 氏を選任しました。農業の生産性向上を進めている加藤氏は、最近では“やさいバス”で物流改革にも取り組んでいます。教育分野においてもそのユニークな発想に期待したいと思います。

議案のない常任委員会も含め「所管事務調査」が行われました。各委員会の資料の中で備忘録的に3つの資料をアップしておきます。

★移住者数と相談件数

★市町別高齢化率

★待機児童の状況

8月は委員会視察、研修など、例年どおり夏休みのお勉強月間になりそうです。研修会の講師も久々にやります。いささかマニアックなテーマかもしれませんが、興味がある方はお越しください。

★CIPFA Japan 中部部会第1回セミナー (8/26)

【写真はスズカ8耐 31はスズキの社員チーム Titan】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月定例会開会

今日で6月も終わりですが、本日、6月定例会が開会しました。

会期は7月31日まで。知事提出議案は条例8件、その他6件で、補正予算はありません。

新たに提案された条例案は、過疎地域や伊豆半島地域での産業振興のため県税の一部を減免するというもの。地方創生、地域活性化につながるか議論していきます。

今日は三選を果たした知事から「所信表明」とも言える発言がありました。抜粋してお届けします。

私の政治姿勢は「現場主義」。選挙期間中、県内各地で、若者、 赤ちゃんを抱いた女性、障害のある方、高齢者、職場の経営者や従業員のほか、多くの県民の皆様からご意見を直にお伺いした。

2期8年間の県政運営を高く評価していただく一方、人口減少への対応、子育てへの支援、スポーツや芸術の振興、産業の活性化といった、将来に向けて明るい展望を望むご意見など、多数の声をお聴きした。

こうした声の一つ一つを政策立案の栄養源とし、「生まれてよし 老いてよし」「生んでよし 育ててよし」「学んでよし 働いてよし」「住んでよし 訪れてよし」の理想郷をめざす。静岡県の発展のため、オールサイドの立場で県政運営に全力を傾注していく。

最優先すべきは、命を守る安全な地域づくり。引き続き、県民の安全・安心の確保を第一に万全の危機管理体制を構築する。

第二に福祉の充実。子どもや高齢者、障がいのある人など、誰もがいきいきと健やかに暮らすことができる福祉社会をめざしていく。

第三に暮らしを豊かにしていく。徳のある人材を育成するとともに、県民が豊かさを実感できるよう雇用・経済対策を進め、多彩で魅力的な資源を生かし、豊かな暮らし空間を創出していく。

また県と市町との連携・協働はきわめて重要。「和を以って貴しとなす」の精神で市町との対話を重ね、強固な信頼関係を構築していく。

これまでの成果を継承しつつ、誰もが夢や希望を持って、心に描く「未来予想図」を実現できる「ドリームズ・カム・トゥルー・イン・ジャパン」の拠点、世界に誇れる“ふじのくに”を築くべく、新たなスタートを切っていく。

補選で当選した議員が加わり、私たちふじのくに県民クラブは20人→21人になりました。最大会派は38人ですので、まだまだ数ではかないませんが、政策力を高めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

“ふじのくに”ふれあいトーク会

2016irino 昨日から「“ふじのくに”ふれあいトーク会」をスタートしました。

地域の公共施設を使って毎年行っている「県政報告&意見交換会」で、もちろん参加無料、どなたでも参加できます。

時間帯はいずれの日も18:30-19:30です。

今回は地域の話題として・・・、

①浜松市沿岸域の防潮堤整備

②遠州灘海浜公園篠原地区の野球場整備

③浜松西(仮称)警察署など

④平成29年度静岡県の事業方針

⑤県の財政状況

・・・についてお話させていただきます。

お誘いあわせの上、お気軽にお越しください。

4/15(土) 入野協働センター (終了 ありがとうございました)

4/17(月) 雄踏文化センター

4/18(火) 伊佐見協働センター

4/19(水) 神久呂協働センター

4/20(木) 和地協働センター

4/24(月) 舞阪協働センター

4/26(水) 篠原協働センター

4/27(木) 庄内協働センター

【写真は昨年のものです】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

県議会の広報

Gikai 昨日県のHPのことを書きましたが、今日は議会の広報についてです。

今年度、県議会の広報委員を務めました。会派間の考え方の違いがあり意見が通らない点もありますが、議会活動をできるだけわかりやすくお伝えする必要を強く感じています。

今年度は若者へのPR促進ということで、県内の大学生が運営しているFB「★静岡未来」への記事掲載をお願いしたほか、高校への出前県議会講座を設定しました。残念ながら出前講座はすでに年度途中でカリキュラムを組んでいただけませんでしたが、来年度は実施につなげてほしいと思います(来年度は担当が変わるのでこんな書き方になります)。

従来からの広報ツールである「県議会だより」は年4回、毎回約111万部を発行しており、最近は県内の高校や大学にも配架してもらっています。しかし県民アンケートでは「県民だよりを読んでいる人の割合」は37.9%と低い数値となっており工夫が必要です。

★県議会ホームページのアクセス数は、今年2月末までの合計で433,255件、昨年度の291,582件から大幅に増えています。関心を持ってくれる人が増えたのならいいのですが、政務活動費の問題などかもしれません。

★インターネット中継のアクセス数は、昨年度の7,665件に対し2月末までで6,379件。2月定例会後半が含まれていませんので単純に比較できませんが微減になりそうです。

1年間やって感じたことは「広報」ばかりでなく「広聴」をしたほうが良いのではないかということです。会派では「ふじのくにカフェ」のような活動を始めましたが、議会としての広聴活動ができれば良いと思います。高校への出前県議会講座などはその一端になると思いますので、来年度への申し送り事項にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スタートダッシュ方針

静岡県議会2月定例会は2月20日から3月16日までの25日間開催され、川勝知事提出の81議案をすべて可決成立しました。ふじのくに県民クラブは全議案に賛成しました。

平成29年度当初予算も昨年のような修正はありませんでした。川勝知事が来年度のスタートダッシュを図るとした方針を備忘録的に書いておきます。

キーワードは「海外」「産業」「安全安心」といったところでしょうか。

私はこれらに加えて「持続可能な自治体経営」を付け加えてH29年度も取り組んでいきます。

◆「ジャパニーズ・ドリーム」の展開と発信

「ポスト東京時代」に代わるキーワードで本県の特色を海外に発信していきます。

<戦略1>スポーツの聖地づくりとスポーツ王国しずおかの復活(53億円)

今後行われる2つのビッグイベント「2019年ラグビーW杯」「2020年東京五輪・パラリンピック」に向け施設やアクセス道路の整備を行うとともに、ジュニアアスリートの発掘、育成を進めます。

<戦略2>世界水準の次世代産業の展開(10億円)

3つのクラスター事業「ファルマバレー(医療健康産業)、フーズサイエンスヒルズ(食品関連産業)、フォトンバレー(光・電子技術産業)」の推進とともに、次世代を見据えCNF(セルロースナノファイバー)やアグリ・インフォマティクス(ITを使った農業技術)などの技術開発に取り組みます。 

<戦略3>世界に開かれた観光・通商・外交の実践(4億円)

中国・韓国・モンゴル・台湾・東南アジア・米国の重点国(地域)を中心に、地域間交流を進め、訪日観光客誘致に取り組みます。

<戦略4>世界クラスの資源の発信(56億円)

(仮称)富士山世界遺産センター(富士宮市)、茶の都ミュージアム(島田市)などの整備を進め、県の特色ある資源を発信します。また2020年東京五輪・パラリンピックにおける「文化プログラム」の展開に向け取り組みを進めます。 

<戦略5>すべての子どもを大切にする社会づくり(88億円)

生活困窮世帯の子どもを対象とした教室の開催やひとり親家庭への支援強化、外国人の子どもの教育支援基金の設置など幅広い支援を進めます。

◆“ふじのくに”づくりの総仕上げ

平成29年度は「総合計画後期アクションプラン」が最終年度を迎えることから、重点8項目を継続して推進します。

①大規模地震への万全の備え(418億円)

②内陸のフロンティアを拓く取組(344億円)

③新成長産業の育成と雇用創造(178億円)

④エネルギーの地産地消(3億円)

⑤人口減少社会への挑戦(502億円)

⑥多彩な人材を生む学びの場づくり(295億円)

⑦健康寿命日本一の延伸(367億円)

⑧富士山を活かした地域の魅力づくり(53億円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧