« 行革審に想う | トップページ | “決裂”か“平行線”か »

クロスロード

「クロスロード」は、日本語で言うと「交差点」もしくは「十字路」。私の好きな雑誌です。

みなさんは「青年海外協力隊」をご存じでしょうか?「クロスロード」は、海外協力隊を支援する雑誌です。私は海外協力隊の経験はありませんが、活動を応援している一人です。

スズキに入社した時には、「発展途上国にスズキのバイクやクルマを普及させて、そこに住む人たちのお役に立ちたい・・・」と思ったものでした。その「志」は実現できていませんが、今も、自分の置かれた立場で、「まわりの人のお役に立ちたい」という気持ちを持ちつづけています。

この雑誌を読むと、若かりし頃(?)の私と同じような「志」を持つ若者が、発展途上の地で活躍している様子が、手に取るようにわかります。私は我が家の子どもにも読ませています。もちろん、子どもは、まだ、よく理解できないとは思いますが、写真を見るだけで、イイ勉強になると思います。

20061022_17140001 普通の雑誌では、まずお目にかかれない、発展途上国の人や風景、そして文化が、活き活きとした、キレイな写真で見ることができます。「雑誌でできる世界旅行」、そんな感じかな~。

子どもが大きくなる頃には、世界の距離感はもっともっと近づいていると思います。自分が教えてやれない「世界」、子どもたちに、どんどん教えてやりたいですね~。

|

« 行革審に想う | トップページ | “決裂”か“平行線”か »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスロード:

« 行革審に想う | トップページ | “決裂”か“平行線”か »