« 「佐鳴湖」学習 | トップページ | 教育基本法改正と現場のギャップ »

「住居手当」の行方

みなさんは読んでますか? 広報はままつ。 

私は、毎号、目を通す程度ではありますが、イベント情報などを楽しみに見ています。

20061113_2103_1  さて、いささか古新聞になってしまいましたが、広報はままつ11月5日号に写真の記事がありました。

これを見て「行革審」の指摘事項を想像できる人はいるでしょうか?

たとえば「住居手当」。浜松市の「住居手当」は、国の基準を大きく上回る水準となっています(部分拡大写真は下)。

この記載だけではわかりにくいのですが、高卒定期採用の職員が定年退職するまでに支給される「住居手当」は、国は150,000円であるのに対し、浜松市では3,124,800円ということになるようです。

「行革審」では、「まず国並みにして、その後段階的に引き下げ、廃止の方向で見直す」ことを提言しています。

民間企業は、生産性向上によって生み出された利益の一部を、「手当」というカタチで従業員に配分しています。公務員の場合は財源が「税金」ですから、労使の話し合いは必要だと思いますが、やはり、市民の理解が得られる水準にすべきではないでしょうか。

20061113_2104

|

« 「佐鳴湖」学習 | トップページ | 教育基本法改正と現場のギャップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「住居手当」の行方:

« 「佐鳴湖」学習 | トップページ | 教育基本法改正と現場のギャップ »