« コンサート | トップページ | 岡山の行財政改革 »

初議会

本日から5月議会が始まりました。

まず、今日の注目①「新市長のあいさつ」をご紹介します。

事実上、新市長の「所信表明演説」であり、今後の市政運営方針が示されました。前市長との大きな違いは2つだと思います。

まず「一市多制度」の概念を転換し、「一市一制度」を基本原則とすること、を明言されました。

ただし、「地域の伝統文化や特例措置は維持する」と言っていましたので、バッサリやるわけではなく、地域を尊重しながら経過措置を設け、「一市一制度」に向けて改善を図っていこうと言うことだと思います。私もこの点は「賛成」ですので、内容をしっかりとチェックしていきます。

次に「第二次行財政改革推進審議会」の発足です。

前市長は「行革審の任期は3月まで」と言っていましたが、審議会の継続は市政にとって悪いことではありませんので、引き続き指摘をしていただければと思っています。

ただ、私は選挙戦で、「4月以降の行革推進のチェックは議会の役割!」と言っていたので、「議会の役割」と「審議会の役割」を明確にすべきではないかと考えます。私は、議員の立場でしっかりと行革を推進していきます。

Blue_heaven さて、次に今日の注目②「議長・副議長選挙」についてです。

会派構成は、先日の記事に書きましたが、結果的に「第一会派(自由民主党浜松)」と「第二会派(創造浜松)」そして「公明党」が支持する議長、副議長が選任されました。

地方議会は「二元代表制」ですから、与党・野党というのは本来ないはずです。そういう意味では、「市長選挙で誰を推したか」は関係ないはずです。

また、市民のため、あるいは市勢拡大、行財政改革のために、議会として最大の努力ができればよいと思いますので、「自民系」と「民主系」が共同歩調をとっても不思議ではありません。

・・・が、世の中が2大政党制に変わろうとする中、また、政令市の多くで政党色が強くなっていく中で、「1年生」の私にとっては予想外の会派連携でした。

それはさておき、議長は就任あいさつで、「議会はチェック機能と政策形成能力の向上が必要」と言われました。

まさにそのとおり。私は「真の改革推進」の一助になりたいと思います。

|
|

« コンサート | トップページ | 岡山の行財政改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/15068154

この記事へのトラックバック一覧です: 初議会:

« コンサート | トップページ | 岡山の行財政改革 »