« 雨続き | トップページ | 産業再生 »

環境経済委員会

今日は、環境経済委員会で、清掃工場の視察に行きました。

20070723_1324 最初に行ったのは、「南部清掃工場」のペットボトル減容(つぶす)施設。

現在、旧浜松市エリアのペットボトルを収集し、1時間に1tの処理を行っています。

昨今、ペットボトルの需要が増え、処理能力を超える状況となっており、今後、新たな施設を建設予定です。その検討素材として、今日、現場を見に行ったわけです。

ペットボトルは季節変動の多い商品で、冬場は清涼飲料の消費量が減るため、夏場の半分にまで消費量が落ち込むようです。

こういう環境での設備投資は、非常に難しいんですよね。「資源再生」と「コスト」。バランスを考えていかねばなりません。

今後、処理施設の建設計画が出てきますが、このあたりをしっかり考えていきたいと思います。

20070723_1509 次に行ったのは、H21年に稼働予定の「西部清掃工場」。

市内篠原地区に建設中ですが、浜松市として、初のPFI手法を使った施設として注目されている施設です。清掃工場及び新水泳場が、H21年1月末完成予定です。

委員からは、平和処分場で火災事故があったこともあり、万が一の際の、施設の対応に関する質問が出されました。

水泳場では、H21年4月に「日本選手権」を誘致する予定になっています。今後の施設管理も注目していきたいと思います。

|
|

« 雨続き | トップページ | 産業再生 »

11.視察・研修・活動報告」カテゴリの記事

B産業全般・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/15859292

この記事へのトラックバック一覧です: 環境経済委員会:

« 雨続き | トップページ | 産業再生 »