« 視察準備 | トップページ | 雨続き »

決算報告

古新聞になってしまいましたが、18日に浜松市のH18年度決算が報告され、19日の地方紙朝刊に概要が掲載されました。

「実質収支83億8000万円黒字」という報道がありましたが、さっそく、ある方から問い合わせがありました。

「おい田口」「浜松の財政ってそんなに良かったのか?」「借金はまだまだ一杯あるだろう?」

・・・おっしゃるとおりでして、「借金」は、減るには減りましたが、H17年度末の5717億円から、5632億円に、約85億円減った程度です。仮に返済を増やして、借金を5550億円にすれば、実質収支はほぼトントンという訳ですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「借金」は企業で言えば「有利子負債」です。減らすにこしたことはありません。そして、市も努力はしています。

「繰上償還」といって、借金返済も前倒ししています。昨年公表した「中期財政計画」よりも前倒しで返済していますので、どんどん借金を減らしていくということは良いことだと思います。

また、貯金(財政調整基金の積立)も、17年度は9216万円でしたが、18年度は16億円することができました。

したがって「良くなったか悪くなったか?」といわれれば、「良くなっている」と言うことはできます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

たしかに行財政改革の効果もあったのでしょうが、財政的に最も大きかったのは「個人市民税」の増加ではないでしょうか。

「個人住民税」はH17年度368億円だったものが、H18年度は405億円に、約37億円増えました。

理由は何だと思いますか?

最も大きいのは「定率減税の廃止」です。

結局、われわれの懐から納めた税金で、なんとかなっているという状況なんですよね~。

確かに、他の政令市に比べれば、財政状況は良い方ですが、お隣の湖西市や県東部の産業都市裾野市、富士市は、財政力指数1.0を超えています。絶対数値で良くならないと、「健全」とは言い切れません。行財政改革はまだまだ必要です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発表数値の中に、市税の滞納データがありました。

H17年度末に71億円だったものが、若干減って、69億9754万円になりました。

黒字幅よりも、市税の滞納額の方がはるかに多いのです。今後、市の組織も変えて、債権回収対策を進めていきますが、課題の大きさがおわかりいただけますよね。

|
|

« 視察準備 | トップページ | 雨続き »

A企画・総務・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/15824019

この記事へのトラックバック一覧です: 決算報告:

« 視察準備 | トップページ | 雨続き »