« 池さん | トップページ | 大都市制度調査特別委員会 »

ものづくり伝承館

7/7の朝刊に、「本田記念館 建設白紙に」との記事が掲載されました。

本田宗一郎氏は言わずと知れた、ホンダの生みの親。私も同じ自動車産業に働く者として、尊敬すべき人だと思っています。

その、本田氏の功績をたたえ、「本田宗一郎記念 ものづくり伝承館(仮称)」を、生まれ故郷の天竜市に建設する・・・、との話が合併時に出されたのは、記憶に新しいところです。

「その計画を見直す」という記事ですので、記事の真偽はともかく、関係者にとっては一大事かもしれませんね。

しかし、私は、冷静に考えれば、正しい判断ではないかと思います。

新聞報道によると、今回の見直しの理由は、「新施設の維持管理費」とのこと。民間企業であれば、設備投資する際に、その後の減価償却や運営コストをしっかりと検証します。しかし行政には、これまで、こうした考え方が欠けていると思っていました。

新市長は、この「ランニングコスト」に目をつけて、「将来にわたってのコストを削減すべき」と判断したのでしょう。

また、どうせ「箱モノ」を造るのであれば、耐震工事の済んでいない学校など、もっともっと造るモノがあります。

合併時に策定した「新市建設計画」には、まだまだ多くの課題があると聞いています。私自身、まだまだ詳しいことはわかっていませんが、今後、チェックしていこうと思います。

|
|

« 池さん | トップページ | 大都市制度調査特別委員会 »

08.行財政改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/15707994

この記事へのトラックバック一覧です: ものづくり伝承館:

« 池さん | トップページ | 大都市制度調査特別委員会 »