« 観光再生 | トップページ | 審判 »

市街地再生

視察終了
視察最終日は、豊後高田市。

「昭和の町」という、中心市街地活性化に取り組んでいる地方都市です。

市からのレクチャーも、昔の学校の教室を再現した施設で受けました。

さて、実際の町ですが、レトロチックな町並みを想像していた私は、いたってフツーのさびれた町並みにビックリ。

正直、「なんだこりゃ…ハズレか?」と思いました。
しかし、歩いてみると、徐々にその魅力が伝わってきました。

それぞれの店が、昭和の遺物(お宝)を展示。

「あ〜、昔、見たなぁ…」という懐かしさを感じ、子どもの頃を思い出しました。

そして、昔の温かさを感じさせるお店のみなさんの接客。

交通アクセスも、そんなにイイわけではありませんが、観光客も年間20万人を超えており、今日も、東南アジア系の団体が訪れていました。

経済効果はそんなに上がってない…とのことでしたが、若者がUターンで帰ってきたり、自分たちの町は自分たちで創る…という自立心につながっているようです。

感じたのは、やはり“熱意”です。

「町を再生させたい」という市民の思いが、まちづくりを支えています。

さて、浜松。
大丸出店が固まり、浜松の中心市街地にも活性化への期待が高まります。

しかし、中心市街地の商店街のみなさんや浜松市民が、「本当に街を良くしたい」という熱意を持たなければ、真の再生はできないと思います。

|
|

« 観光再生 | トップページ | 審判 »

11.視察・研修・活動報告」カテゴリの記事

C都市計画・土木・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/15909569

この記事へのトラックバック一覧です: 市街地再生:

« 観光再生 | トップページ | 審判 »