« 市場化テスト | トップページ | 立志式 »

地方行革シンポジウム

地方行革シンポジウムの帰り道です。詳しくは後日書きます。

今日のシンポには、ネタはたくさんあったのですが、いかんせん、シンポの時間が短すぎました。

我孫子市の事例報告もわずか20分でしたので、概要はわかりましたが、あらためて調べたいと思います。

基調講演は関西学院大学の石原教授でしたが、行政関係者以外の参加者もいたことから、「全体最適」や「ファシリティマネジメント」の重要性を簡単な言葉でわかりやすくお話しされていました。

また、今後の課題として、「内部統制(ガバナンス)」をあげ、とりわけ、監査委員と議会の役割を指摘していました。

三重県では、議会が「行政評価」する動きもあるそうです。ますます議会の真価が問われる時代ですね。

この他、パネルディスカッションでは「市民協働」の進め方について意見交換がありましたが、自治体の指定管理者として受託しているNPOの代表からは、現場からの鋭い意見が出されました。

私もいろんなNPOやボランティア団体のみなさんの声を聞かなきゃ…。

Hiroshima (写真は平和公園です)

|
|

« 市場化テスト | トップページ | 立志式 »

08.行財政改革」カテゴリの記事

11.視察・研修・活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/17717089

この記事へのトラックバック一覧です: 地方行革シンポジウム:

« 市場化テスト | トップページ | 立志式 »