« 学校を支えるモノ | トップページ | 議案説明会 »

多文化共生の地域づくり

2月議会の会期中ですが、今日は興味深いイベントがあったので参加しました。

「多文化共生の地域づくり」をめざした、NPOのみなさんのフォーラムです。

このブログでも何度か紹介している、静岡文芸大の池上重弘准教授(父ボラ仲間・・・^^;)のコーディネートの下、さまざまな団体のみなさんの活動を聞きました。

今日の新たな発見は、言葉の問題や教育の問題など、これまでも課題意識を持っていたモノの他、健康医療に関する課題です。

医療保険制度は国の問題ですが、地方自治体が放っておいてよいというわけではありません。ふだん仕事で忙しい親や、学校に通う子どもたちへの健診は、生きていく最低限の権利として確保すべきものです。その中で、言葉や費用の問題など、自治体としてサポートすべき、いくつかの示唆をいただきました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

会のしめくくりに、池上さんは、“多文化共生社会づくりのポイント”として、大きく「若者の参加」「当事者(外国人)の参加」、そして企業にあっては「労働組合の役割」、地域にあっては「学校と公民館の役割」を挙げていました。

多文化共生について、浜松は日本のフロントランナーにならねばなりません。それぞれが置かれた立場で役割を果たしていくことが必要です。

このブログの読者には労働組合関係者も多いのですが、「外国人労働者」としてとらえるだけでなく、「外国人生活者」としてとらえると、あらたな課題が見えてくると思います。労働組合が現場で感じていることを具現化していくことは、共生社会づくりにおおいに資すると思います。ぜひ考慮していただきたいと思います。

20080226_1635写真はザザシティ中央館5階でおこなわれている、日伯100周年写真パネル展です(3/4まで)。100年前の先人の労苦を思い、今、やれる事をやりたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今、H20年度予算書と格闘中です。明日の本会議で提案され、議案説明が行われます。週末から週明けにかけて、いくつかの興味深いマスコミ報道がありましたが、なかなかコメントできずスミマセン。頭の中をまとめつつ、あらためて気がついたことを記載していこうと思います。

|
|

« 学校を支えるモノ | トップページ | 議案説明会 »

10.多文化共生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/40281294

この記事へのトラックバック一覧です: 多文化共生の地域づくり:

« 学校を支えるモノ | トップページ | 議案説明会 »