« 2月議会が始まります | トップページ | 子どもたちの声も市政に反映されます »

5周年おめでとう

Alegria 今日、浜松市にある「ムンド・デ・アレグリア学校」が、開校以来、5回目の誕生日をむかえました(写真は“お誕生”ケーキと松本校長先生)。

ペルー人とブラジル人の子どもたち110数人が通うこの学校は、日本で初めて南米系各種学校として認可された学校です。

13人でスタートした学校を、これまで支えてきた松本先生のご苦労は、並々ならぬものであったと思います(下記HPをぜひご覧ください)。

5周年式典では、子どもたちがペルーやブラジルの踊りで歓迎してくれた他、元気よく、大きな声で「君が代」と「校歌」を歌っていたのに感動しました。

「ムンド・デ・アレグリア」は「歓喜の世界」の意味だそうです。

子どもたちに「ムンド・デ・アレグリア」を与えていけるよう、行政として必要な支援を、国も地方も真剣に考えねばなりませんね。それが私たちの役割です。

☆ムンド・デ・アレグリア学校のHP

(HPには日本語のページもあります。メッセージや理念をぜひ見て欲しいと思います)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「多文化共生」は国はもちろんのこと、地方自治体にとっても重要なキーワードです。

静岡文化芸術大学では「市民参加型の“協働研究”」として、3月23日(日)14時~17時に、大学内で「浜松市民が考える多文化共生」というセミナーを開催予定です。

浜松在住の外国人への調査をもとにした「ことば」「医療保険」「生活面」などの、さまざまな課題が聞けそうです。私も時間の都合がつけば行ってみようと思っています。

多くの市民のみなさんに、関心を持ってもらいたいなぁ~。

|
|

« 2月議会が始まります | トップページ | 子どもたちの声も市政に反映されます »

10.多文化共生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/40017295

この記事へのトラックバック一覧です: 5周年おめでとう:

« 2月議会が始まります | トップページ | 子どもたちの声も市政に反映されます »