« 視察計画(1/14) | トップページ | プラネタリウム②(1/17) »

プラネタリウム(1/16)

昨日、浜松科学館に行きました。まだ子どもが小さかった頃に行ったことがあったのですが、しばらく訪れていませんでした。小学生が見学に来ていましたが、平日の午後ということで、来館者は少なかったですね。

子どもの理数離れが進んでいるようですが、ここに来ると面白いネタがたくさんあります。工夫次第で楽しい授業ができそうですし、休日に親子で来ることによって、興味も湧き、会話も弾むんじゃないでしょうか。

いくつかの展示物には、職場体験で訪れた中学生が「私のおすすめ」と題して、展示品の説明やみどころを紹介していましたが、中学生本人にとっても、来館者にとっても面白い仕掛けだな・・・と関心。年末、ノーベル賞受賞で沸いた日本の科学力を、なんとか若い力で発展させたいものですね。

とりわけ3年前にリニューアルしたプラネタリウムはなかなかのモノで、ちょうど宮沢賢治原作の「銀河鉄道の夜」が放映されており、久々に心が洗われました。浜松市中心街のオアシスとして、子どもだけでなく、疲れた大人にもアピールできないかな・・・。

科学館では、さまざまなイベントを用意して市民を楽しませてくれています。イベント情報はこのHPからどうぞ!

★浜松科学館のHP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが、プラネタリウムのリニューアルには「浜松やらまいか債」という “住民参加型地方公募債”による資金調達が行われました。

同じ借金でも「みんなで新しいまちを創っていこう」という、市民のモチベーションアップにつながる仕組みもあります。税収の厳しい折、安易な借金はダメですが、さまざまな手法を使った、「元気な浜松づくり」が必要ですね。

|
|

« 視察計画(1/14) | トップページ | プラネタリウム②(1/17) »

E教育・文化」カテゴリの記事

コメント

アルモニコスの秋山です。

プラネタリウムの「やらまいか債」って面白いですね。知りませんでした。どんな会社や、個人が応募したのでしょうか。いくらくらい集めたのでしょうか。どんな償還計画なのでしょうか。興味しんしんです。

ただ、名前は???。なんで名前を本気で考えないんでしょうか。「やらまいか」をという言葉を見るたびに、本気で名前を考えず、適当な名前をつけた『手抜き』を感じるのは私だけなんでしょうか。

ではでは。

投稿: 秋山雅弘 | 2009年1月16日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/43755698

この記事へのトラックバック一覧です: プラネタリウム(1/16):

« 視察計画(1/14) | トップページ | プラネタリウム②(1/17) »