« パラダイムチェンジ(1/7) | トップページ | 成人式考察(1/8) »

緊急雇用対策(1/8)

本日(8日)、浜松市緊急経済対策本部 第2回会議が開催され、雇用対策等が公表されました。

1.「実施本部」の設置

 緊急経済対策と雇用対策にかかる組織体制を強化するため、専任の「実施本部」を設置しました。

 昨日、ある方から「今の仕組みは“タテ割り”で、市民ニーズに応えられていない」とご指摘をいただいたばかりでした。組織についての詳しい話は聞いていませんが、“タテ割り”解消の一助になると考えられます(明日以降確認します)。

2.臨時職員の雇用

 浜松市に居住し、昨年10月以降に、会社都合で解雇、内定取消、雇止め(やといどめ)された人を市の臨時職員として採用します。

 ◆1/19(月)~21(水)受付 (詳細は下記を参照)

 ★浜松市のHP

3.失業者雇用のための事業実施

 道路や森の清掃・草刈、学校の樹木剪定など委託事業を実施します(詳細はわかり次第報告します)。

4.多文化共生センターの充実

 外国人支援のため「生活相談員の増員」、「日本語教室の開催」をおこない、そのための外国人雇用も実施します。

 ◆日本語レッスン  費用500円 定員50人 

  場所:多文化共生センター

  ①1/7(水)~1/21(水) 

  ②2/3(火)~2/19(木)

  ③3/3(火)~3/13(金)

5.就職面接会の開催

 2/13(金)にハローワークと協力し開催します。

6.ホームヘルパー養成講座の開催

 H21年4月から1年間かけて、失業者を対象に、ホームヘルパー2級取得研修会を開催します。

7.市営住宅の再募集

 市営住宅22戸(12月末募集残)を再募集します。

 ◆応募1/14-15 ⇒ 抽選1/16

8.中小企業倒産防止共済 掛金 助成制度の創設

9.弁護士・社会保険労務士による緊急無料電話相談の実施

 ◆1/9(金)~16(金) 10時~19時 0120-920-832

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の新聞報道によると、外国人のみなさんへの支援は、浜松近郊の市でもスタートするようです。

昨日、県中東部の人とお話しましたが、外国人の対応について、中東部は西部ほどの情勢ではないようでした。西遠地域一丸になっての対応が必要です。

|

« パラダイムチェンジ(1/7) | トップページ | 成人式考察(1/8) »

コメント

年齢53歳の浜松市民です

上記に
「6.ホームヘルパー養成講座の開催

 H21年4月から1年間かけて、失業者を対象に、ホームヘルパー2級取得研修会を開催します」
とありますが
これはすでに申し込みは終わっているのでしょうか?
またこの事業は継続的に為されていくのでしょうか

投稿: 袴田育郎 | 2009年3月22日 (日) 10時22分

袴田様

コメントありがとうございます。

申し込みはこれからです。
案内告知は「広報はままつ4月5日号」で行われ、その後、区役所で申し込みを受け付ける予定です。

なお、今回の養成講座は、あくまでも「緊急経済対策」の一環ですので、昨年秋からの急激な経済変動による失業者が対象となります。
残念ですが継続的な事業ではありません。

介護従事者の育成は別途考えないといけませんね。

投稿: 田口 章 | 2009年3月23日 (月) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊急雇用対策(1/8):

« パラダイムチェンジ(1/7) | トップページ | 成人式考察(1/8) »