« はまゆう大橋(2/9) | トップページ | 花粉症(2/12) »

ユビキタスシティ(2/10)

「ユビキタス社会」は、「いつでも、どこでも、だれでも」ネットワークにつながることができる社会のことです。

言葉の認知度は3割弱ということですが、正直に言って、人文科学系人間の私の周りでは、そこまで知らないのではないかと思います。

わからないことだらけの世界ですが、近未来の浜松を少しでも想像したいと思い、今日開催された「第4回ユビキタスシティはままつフォーラム」を聞きに行きました。

IT化による行政システムの改善など、参考になるお話がたくさん聞けましたが、これまで参加していなかったので仕方ないとはいえ、私の頭では本質的なところ(いつでも、どこでも、だれでも・・・)はまだ理解できませんでした。

専門的なお話を聞いても、市民にはなかなか理解できないかもしれません。それによって自分の生活がどうなるのか・・・。そうしたビジョンを描くことが大切な気がしました。

そのパイプ役が議員なんでしょうね。今日のフォーラムに参加した市議会議員は3人。秋山さんからもエールをいただきましたが、もうちょっとガンバらなきゃいけないかなぁ・・・。

私の弟は理系人間で、この道に詳しいので、今度、教わってきます。

|
|

« はまゆう大橋(2/9) | トップページ | 花粉症(2/12) »

A企画・総務・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/44019452

この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタスシティ(2/10):

« はまゆう大橋(2/9) | トップページ | 花粉症(2/12) »