« 公会計のお勉強(1/25 ) | トップページ | 家庭ごみの有料化(1/29) »

こどもにツケをまわさない(1/26)

Cimg4785_4 2日間の研修を終えました。知りたかったのは「公会計改革をどう活用するか」ということ。

浜松市は他の自治体に先がけて、連結決算の報告、バランスシートや行政コスト計算書の作成など、公会計改革を進めていますが、まだ「財政担当部門がつくるだけ」にとどまっています。

昨年10月の決算審査では、ストック管理や将来負担について、各部門と意見交換しましたが、まだまだ理解が深まっているとは思えません。

もっとわかりやすい使い方がないか・・・と、関心を持ったのが、主宰者の唱える「首長のバランスシート」と「市民のバランスシート」、「成果報告書」です。

「会計を評価指標として使う」ことで、首長の財政運営や、施設の有用性の是非を考えようというものです。

さっそく浜松版を作ってみようと思います。

|
|

« 公会計のお勉強(1/25 ) | トップページ | 家庭ごみの有料化(1/29) »

08.行財政改革」カテゴリの記事

11.視察・研修・活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/47398572

この記事へのトラックバック一覧です: こどもにツケをまわさない(1/26):

« 公会計のお勉強(1/25 ) | トップページ | 家庭ごみの有料化(1/29) »