« アトリエ インカーブ展(3/17) | トップページ | ユビキタスシティ(3/17③) »

総合計画(3/17②)

Popo1 16日に行われた「大都市制度調査特別委員会」で、「第2次浜松市総合計画」の「策定委員会」での論議状況の報告を受けました。

「総合計画」は行政施策の根幹をなす計画で、通常8年とか10年単位で作られています。

現在の「浜松市総合計画」は、19年度から26年度までの8年間の計画なのですが、市長交代による施政方針の違いなどから、今回23年度から26年度の計画として、見直し作業を行っています。

なお、浜松市では、「総合計画」を基本に、4年間の「都市経営戦略」、毎年の「戦略計画」を定め、都市経営を行っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Popo2 大きな見直し項目は「都市の基本理念(市の“あり方”を示す)」で、「市民協働」を明確に打ち出していることと、「クラスター(ブドウの房)」→「ひとつの浜松」への転換です。

策定委員会でも、特にこの点については議論がなされていますが、おおむねストーリー性を持った「5つの理念」としてまとまってきているようです。

簡単にいえば、①民主主義を根幹に、②市民協働によるまちづくりで、③「ひとつの浜松」を形成し、④持続可能な都市とし(サスティナビリティ)、さらに⑤創造都市を作っていく・・・、ということになるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に「都市の将来像」という項目がありますが、これは、市長交代後に定めた戦略計画に合わせ、「市民協働でつくる『未来へかがやく創造都市・浜松』」としています。

(従来は「技術と文化の世界都市・浜松」と「環境と共生するクラスター型都市・浜松」の2本立てでした)

今後は、後半4年間(23-26)の「都市経営戦略」も議論が始まります。市の方向を決める重要な計画ですので、多くのみなさんに関心を持っていただければと思います。

★浜松市のサイト(総合計画のページ)

*写真はTVで大人気、掛川花鳥園のポポちゃん。過日、遊んでもらいました・・・^^;

|
|

« アトリエ インカーブ展(3/17) | トップページ | ユビキタスシティ(3/17③) »

A企画・総務・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/47828391

この記事へのトラックバック一覧です: 総合計画(3/17②):

« アトリエ インカーブ展(3/17) | トップページ | ユビキタスシティ(3/17③) »