« 公共政策学会(6/6) | トップページ | 学生議会(6/9) »

人事制度の潮流(6/7)

マニアックな話で恐縮ですが・・・、民間企業で導入されている人事制度の新たな動きについて勉強してきました。

年功序列から、能力主義、成果主義、そして役割主義へ・・・。十年一昔といいますが、人事制度はどんどん進化しています。

人事制度に「完璧な制度」というのはありません。

しかし、より納得性が高く、かつ、より成果につながる制度が求められています。民間では、常に、労使でよりよい制度とすべく議論しています。

行政においても同様の取り組みが求められます。

なぜ「事業仕分け」が必要なのか(民間は不要)、なぜ事業仕分けで明らかになったようなおかしなことが行われているのか・・・。

マネジメントシステムの改善も必要ですが、人事制度改革によって変わることもあるはずです。カイゼンのネタはいくつもあります。

|
|

« 公共政策学会(6/6) | トップページ | 学生議会(6/9) »

11.視察・研修・活動報告」カテゴリの記事

A企画・総務・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/48571157

この記事へのトラックバック一覧です: 人事制度の潮流(6/7):

« 公共政策学会(6/6) | トップページ | 学生議会(6/9) »