« 筆不精(7/8) | トップページ | 期日前投票(7/14) »

審判(7/10)

Cimg5675明日は参議院選挙の投票日。向こう3年間(衆議院の任期)の政権運営に対する国民の審判の日です。

今日まで多くの市民のみなさんとお話してきましたが・・・、「昨年の政権交代に大きな期待をしたが、この10カ月あまりの民主党政権にはがっかりした」という人が多かったように思います。

しかし私はこう考えます。

今の政治の大きな「うねり(中央集権から地域主権へ・官僚主導から政治主導へ)」は、「幕藩政治から中央集権・そして民主主義」へと大きく舵を切った「明治維新」に匹敵するものだと思っています。

明治維新のとき、廃藩置県までに4年、維新の功労者、西郷隆盛が下野して西南戦争が終わるまでには10年、伊藤博文内閣樹立まで18年、明治憲制定までは22年もかかっています。

戦後の変化はあったものの、基本的に150年近く前のシステムを変革するのは、1年や2年ではムリではないでしょうか。今しばらく、改革の流れを止めてはいけません。

しかし、時代のスピードは “日進月歩” から “分進秒歩” 。あまり悠長なも言っていられません。改革(維新)をスピーディに進めるために、国政に(地域主権時代の地方政治にも)今求められているのは、中長期的な財政を見据え、政策課題を適切に捉え、実現できる議員です。

参議院選挙の候補者もそうした視点で選んで欲しいと思いますし、私自身もそうありたいと思います。

今後の「2大政党」の「善政競争(互いに政策を競い合ってよりよい政治を行うこと)」に期待します。

【おまけ】

審判(ジャッジ)というのはホントに大変なことです。サッカーワールドカップでも、多くの方が痛感されたことと思います。

今日、二男の中体連サッカー大会の予選リーグが終わりました。2勝2分で何とか予選突破。決勝トーナメントに進みました。レベルは全く違いますが、「笛(ジャッジ)」の重さを感じています。

【写真は十重の桔梗(ききょう)。珍しいでしょ】

|
|

« 筆不精(7/8) | トップページ | 期日前投票(7/14) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/48845146

この記事へのトラックバック一覧です: 審判(7/10):

« 筆不精(7/8) | トップページ | 期日前投票(7/14) »