« 市長のバランスシート(10/29) | トップページ | 後援会だより11月号(11/2) »

ユニバーサル社会(10/31)

Cimg6262_2 アクトシティ浜松を舞台に「国際ユニヴァーサルデザイン会議」が行われています(11/3まで)。

★公式サイトはこちら

また展示イベントホールでは「浜松ほっとコーナー」を運営しています。

★浜松ほっとコーナーの紹介(浜松市のサイト)

企業や団体、大学などの展示ブースの他、ステージでは多くの市民が参加し、「UD都市浜松」を演出しています。オープニングでは浜松の大きな特徴である外国人市民のみなさんがイベントを盛り上げていました(写真)。

「ユニバーサルデザイン(UD)」という言葉の認知度は徐々に上がってきています。「バリアフリー」が障がいのある人などの不便さ(バリア)を取り除こう(フリー)というのに対し、UDは障がいの有無はもとより、年齢や国籍などすべてを超えて暮らしやすいまちを作って行こうという考え方です。

浜松市は他都市に先がけて「UD条例」を制定するなど、UD社会づくりに積極的に取り組んでいます。しかし、市民満足度はまだ低く、ハード・ソフトともにさらなる充実が求められています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、娘が松葉杖生活を送っています。これまで全く気にしていなかった生活環境が、いかにバリアだらけだったのかよくわかりました。

加えて、「ハード」もさることながら、やはり大切なのは「ハート(心のUD)」だということも・・・。

|
|

« 市長のバランスシート(10/29) | トップページ | 後援会だより11月号(11/2) »

A企画・総務・財政」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私の娘も今、松葉杖生活です。

でも今、娘は歩道を歩こうとしません。
なぜなら、歩道が斜めで、段差もあって危ない、余計な気を遣う、と言うのです。

松葉杖の娘がこうですから、車椅子や目の不自由な方にはなおさらだと思います。

交通弱者の為の歩道がこれでは話しになりません。

自分が体験しないとわからない事って沢山あるんだと、つくづく感じた今回の娘の怪我でした。

これからも活動頑張って下さいね。

投稿: 同感さん | 2010年10月31日 (日) 21時12分

同感さん、ありがとうございます。

仕事でお世話になっている営業の方も娘と同じ日に松葉杖生活になったそうです。
偶然にビックリしていますが、いつなんどきわが身に降りかかってくるかわからないんですよね。
相手の立場に立って考えることの大切さを痛感します。

明日はUD会議最終日。
多くの人に触れていただきたいものです。

投稿: 田口 章 | 2010年11月 2日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/49895060

この記事へのトラックバック一覧です: ユニバーサル社会(10/31):

« 市長のバランスシート(10/29) | トップページ | 後援会だより11月号(11/2) »