« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

11年ぶりの財政貢献(2/24)

昨日の平成23年度一般会計当初予算の説明に続き、今日は「特別会計」、「企業会計」の説明がありました。

さて、浜松独自の特別会計に「小型自動車競走事業特別会計」があります。わかりやすく言えば「オートレース」です。

ここ数年、何かと話題の多かったこの事業で、実に11年ぶりに、一般会計に6590万円の「繰出金」を計上する予算が提案されました。

オートレース事業は、昭和31年の開業以来、累計で800億円の市財政への貢献(一般会計への繰出し)を続けていましたが、平成13年度に赤字になり、平成12年度決算を最後に繰出金を計上していませんでした。

公営競技としての責務を果たせなくなったことから、事業の再構築を検討するために、平成17年度に「検討委員会」が設置され、当時、私も委員として議論に参加しました。

★検討委員会の答申はこちら(PDF)

結果的に5年間の包括的民間委託をすることとなり、さらに2年間延長することで、現在に至っています。

とりあえず11年ぶりに繰出金を計上したことは、関係者の努力を評価したいと思います。

しかし、アメニティの多様化や将来のマーケットを考えると、10年、20年先にこのまま運営できるとは到底思えません。

引き続き、将来のソフトランディングを見すえて、国全体での事業のあり方を議論していく必要があると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この他の事業では・・・、

「国民健康保険」や「介護保険」は、負担と給付のバランスを見たときに、国民の平等の観点からも、基礎自治体単位でやるのは、もうムリではないでしょうか。「後期高齢者医療」は「県単位の広域連合」でやっていますが、こうした検討が必要です。社会保障の根幹となる制度ですが課題山積です。

「駐車場事業特別会計」、「病院事業会計」、「上下水道事業会計」にも課題は山積です。

追って報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

地域主権の小さな一歩(2/23)

今日は本会議。

補正予算など平成22年度関連議案が可決され、その後、施政方針演説、平成23年度予算が提案されました。

市長は施政方針で、平成23年度のキーワードとして “「創」・新しく創る” を挙げ、「ひとづくりや新産業創出、地域主権時代における新たな自治の創造などを展開する・・・」と述べました。

私はやすとも市長の最初のキャッチフレーズ、「こわす勇気。つくる情熱」という言葉が大好きです。まさに、この「つくる」は「創」。やすともさんらしいキーワードですね。

さて、続いて提案された平成23年度当初予算ですが、概要はすでに2/14のブログに書きましたので、今日はちょっと違う視点でご報告します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歳入の国庫支出金の中に、「社会資本整備総合交付金」というものがありました。

予算額は約46億円で、土木費国庫補助金の97%を占めています。

この種の補助金は、これまで「まちづくり交付金」「道路新設改良事業費補助金」「公園事業費補助金」など細かく分かれ、使途が決められていましたが、政権交代後の平成22年度からこの交付金制度に変わりました。

この交付金制度は、従来、細かく分かれていた使途を統合し、「活力創出基盤整備」「水の安心・安全基盤整備」「市街地整備」「地域住宅支援」の4分野に大くくりにしたものです。

そして今回の予算案では、さらにこの4分野の垣根もはずし、いわば「国土交通省内の一括交付金」になっています。

今回の国の予算案では、都道府県に対して「地域自主戦略交付金」として、約5,120億円が一括交付金化されていますが、その市町村版ということですね(あくまでも国交省事業限定ですが・・・)。

当初予算の歳入には、一応、事業のヒモがついていますが、流用は可能ですし、安く上がれば他の事業に転用も可能とのこと。自治体の裁量度が高まりますので、今後のインフラ整備が工夫できそうです。

本来の「一括交付金」にはまだ程遠いですが、地域主権改革の小さな一歩ですね。

ゴタゴタが続く国政ですが、地域主権改革はしっかり進めてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

子ども手当(2/22)

Cimg4966 浜松市の平成23年度当初予算に計上された「子ども手当」は総額192億円。一般会計2750億円の約7%を占めています。

22年度は、10ヵ月分(22年4月~23年1月)で約146億円を見込んでいましたが、12ヵ月(23年2月~24年1月)になることなどで、約46億円増えます。

現在、国会で審議されている法案では、「中学校修了前の子ども1人につき13,000円、ただし3歳未満は20,000円」となっており、マニフェストの26,000円にはなっていません。但し書き以下は23年度の新たな政策的追加分です。

しかし、国会情勢が混迷していますので、本当に予算が通るのか、疑念を感じざるを得ません。市民生活や行政手続きに影響を及ぼさないか心配ですし、市議会の予算審議も仮定を前提に議論することになります(それでイイのかどうか・・・議論が分かれます)。

現行手当の是非については、さまざまなメディアで報道されていますので、多くを語りませんが、保育施設の充実など必要な子育て施策は他にもありますので、一般会計の7%を占めるような巨額の「ヒモつき補助金」は、地域主権の考えからも変えたほうがよい・・・と思います。

また、あわせて、給食費や保育料の未納・滞納対策に充当できないかなど、地方自治体としての工夫も必要です。

今回の予算審議でどういう議論になるのか、厚生保健委員会の論点の一つになるのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は2/22、「ニャンニャンニャン」の日。

入野の「ゆめ応援プラザ」さんでは「石ねこ展」を開催中です。写真は我が家の石ねこちゃん。今は “事務所” でみなさんをお迎えしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国民宿舎事業会計(2/18)

浜松市議会は、昨日から3月15日までの予定で、2月定例会が開会しました。

みなさんから負託された議席の重さをかみしめながら、最後の市議会に臨みます。

本会議初日は「監査委員の定期監査報告」からスタート。過日報告した「未収金」の他にも、諸収入のルーズな徴収体制への鋭い指摘がありました。

今日は、平成22年度の補正予算案などを常任委員会で審議しています。

委員会が違うので、意見を述べることはできませんが、「国民宿舎奥浜名湖荘」の補正予算では、今年度、単年度赤字決算となることが報告されています。

「奥浜名湖荘」は平成15年のリニューアルオープン後、一時的に利用者が増えていましたが、ここ数年は下降線をたどっていました。今年度の当初予算では、収支トントンの予想が計上されていましたが、案の定の結果となりました。

「地域に親しまれている」など、いろんな声の中で、これまでの経営スタイルを踏襲してきましたが、私が見る限り、セールス活動やブログでの情報発信を含め、民間事業者に比べて「営業センス」が感じられませんでした。

「行政がいつまでも関与している事業ではない」との主張が強くなり(私もそう言い続けていました)、来年度から「指定管理者制度」を導入し、民間事業者に管理を委託することにしていました。

もう1年早ければ・・・との想いです。「スピードある改革」が必要です。

★「奥浜名湖荘」宿泊者数・休憩者数の推移

H19年度 19,927人 67,549人

H20年度 18,753人 65,534人

H21年度 15,855人 56,819人

H22年度(見込) 14,600人 54,500人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の所属する「文教消防委員会」では、文化・スポーツ施設の来年度からの「指定管理者」などが審議されました。指定管理者は「選定委員会」の評価だけでなく、事後評価の分析が重要です。まだまだコストダウンとサービス向上など、改善の余地はたくさんあります。

補正予算では、学校の借地解消に関する減額補正がありました。当初、5億円を予算化していましたが、最終的に1億8660万円まで減らしています。

学校の借地は52校あり、そのうち19校を先行して進めているとのことですが、22年度の借地解消見込みは4校、3455.47㎡、解消率はまだ3.53%ということです。

昨年の「校庭にミカン?」ではありませんが、行政のみなさんは、土地に関する危機意識が低すぎます。専門官を置いて、年次計画を立てて計画的に進めるべきです。

★校庭にミカン(H22.4.6のブログ記事)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平成23年度 浜松の家計(2/14)

浜松市の平成23年度当初予算案が公表されました(以下の数字は概数)。

総会計4,559億円(22年度当初4,545億円)、一般会計2,750億円(同2660億円)と、前年に比べて若干の増となっています。

細かい分析はこれからやっていきますが一般会計の主な内容を速報でご紹介します。

◆歳入

★「市税収入」は底を打ったようです。

平成23年度当初予算案の市税収入は1,225億円。これは今年度当初予算に比べ+40億円で、今年度の最終的な補正予算額(1,220億円)とほぼ同水準を見込んでいます。

★「国庫支出金」が+52億円(358億円→410億円)となっています。

国会審議中の「子ども手当」の増額などを見込んでいますが、国の財源はホントに大丈夫でしょうか・・・。

★「市債」の発行は、22年度の292億円→267億円に抑制しています。できるだけ借金に頼らない行政運営は良いことです。

★「諸収入」が10億円増えていました。こりゃなんだ・・・?と思ったら、“行って来い”の内容でした。

「医療センター」の経営方式を変更(「利用料金制」といいます)するため、一時的に現金が足りなくなることが見込まれ、「医療センター」に一般会計から10億円を貸し付け、年度内に150万円の利息とともに返してもらうということのようです。市全体の連結会計でみれば実質的なおカネの動きはありませんので、一般会計の水増し(かさ上げ)のようなものですね。

◆歳出

★「扶助費」は大幅アップ。子ども手当(+46億円)や生活保護費(+29億円)の増などで、前年の511億円→592億円と81億円の増です。

子ども手当の総額は192億円にものぼり、一般会計の7%を占めています。給付方法には工夫が必要です。

生活保護世帯はH22年9月時点で4888世帯。1年前に比べ約1000世帯増えています。

★「投資的経費」は抑制されています。大型公共事業が終了したため22年度当初の455億円→420億円と減少しています。毎年、補正予算で追加されますが、相変わらず厳しい状況です。

◆総市債残高は、22年度末見込みの5267億円→5161億円と▲106億円の減を見込んでいます。平成26年度末に5000億円未満という、中期財政計画の目標にむけて着実に減少しています。

◆平成23年度予算を家計に置き直した資料を作ってみました。いかがでしょうか?

★平成23年度浜松の家計(PDF)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17日から始まる定例会に向けて準備を進めます。

特に(くどいですが)フラワーパークの投資額については、正式に議会に図られることなく、当初予算の主要事業の一つに位置づけられています。

入場目標60万人、4億5710万円の投資という「再生計画」の是非については、とことん議論します。

“なんだかんだ”とバタバタしていますが、やるべきことはしっかりやらねば・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

監査制度改革(2/13)

先週木曜日、2月定例会の議案などが議員に配付されました。それら資料の中に監査委員が行う「定期監査報告」というものがあります。

私はこの監査報告書を毎回楽しみにしているのですが、今回、大きな改善を見せてくれています。

監査委員の職務は、地方自治法199条に規定されていますが、これまでの浜松市の監査は、ルールへの適合性をチェックする「合規性監査」が中心でした。

12市町村が合併してできた浜松市は、それまで各市町村ごとにバラバラだったルールを統一したため、内部事務のミスがなかなか改善されなかったためです。

一方、近年、行財政改革にあわせ監査制度の改革についても議論されています。
その中では、経済性、効率性、有効性をチェックする「業績監査」の役割も重要視されています。

今回の監査報告では、(私の記憶では初めてですが・・・)この「業績監査」に言及しており、浜松市の監査委員&監査事務局は、こうした業務改善に取り組んでいることがわかりました。

加えて今回は、2300万円を超える「未収金」について、「督促などの収納対応が不十分」と指摘しています。

本会議初日の「監査委員報告」を聞くのが楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、監査委員がこうした「業績監査」を行うようになったわけですが、本来、行政がおこなう事業の「経済性、効率性、有効性」のチェックは、議会が決算審査で行うべきものです。

議会がしっかりチェックしないから、監査委員が「業績監査」を行ったのかもしれませんが、これでは議会の役割を果たしているとはいえません。

カギは「予算主義」から「決算主義」ということでしょう。チェック能力の向上は議会の根本だと思います。

私たちも「議会改革」をしっかりやらないといけませんね。

なお総務省の「地方行財政検討会議」では、地方自治法の改正を議論していますが、この中では、「長と議会のあり方」などとともに、監査制度改革についても議論が進んでいます。

1月26日には「地方自治法抜本改正についての考え方」も示されています。興味のある方はこちらをどうぞ。

★総務省「地方行財政検討会議」のサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

軽トラ市

軽トラ市
モール街でおこなわれている「軽トラ市」に来ています。

先月は所用で来ることができませんでしたので、今日は楽しみにしていました。

さっそく野菜を購入。
目移りしてたいへんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フラワーパーク再生計画(2/10②)

中日新聞夕刊1面を見てビックリ。

行革特別委員会で提示されなかったフラワーパークの投資額が記載されていました。

私は今日の委員会で「再生計画」が正式に提示されるものと思い、さまざまな調査をしてきたのですが、目標とする入場者数や投資額など具体的な数値が示されず、肩透かしを食ったような気がしていました。

昨日は入場者数60万人という数字が出され、さらに今日は投資額がマスコミに流れるとはいかがなものか・・・。

こうなれば私も黙っていません。

ぶっちゃけ、事前に議会の勉強会で、こうした数字は示されています。しかしあくまでも非公式の勉強会であり、正式なものではありません。

どこから情報が流れるのか知りませんが、それがあたかも既定路線のように報道されるのは、まさに「議会軽視」といわざるを得ません(私はこの言葉は好きではありませんがあえて書きます)。

前の記事に書いたように、委員長には、再度、特別委員会を開催し、「再生計画」を議論するよう要望しました。

来週14日(月)には、平成23年度当初予算案が公表される予定です。その中でこの件がどう取り扱われているのか・・・。

もし当局がこのまま進めるつもりならば、私は徹底的に議論します。

これだけ頭にきたのは「浜松都市開発㈱(フォルテ)」の清算のとき以来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フラワー・フルーツパークの方向性(2/10)

午前中の「行財政改革推進特別委員会」でフラワーパーク、フルーツパークの今後の方向性について議論が行われました。

一部マスコミで、「グランドリニューアル計画」、「4年後に60万人」などの華々しい報道がありましたが、結論からいえば、まだ確定した計画ではないということです。

両施設のポイントは次のとおりです。

①フラワーパーク

(方向性)

花壇やイルミネーションの魅力を高め、浜名湖観光圏の活性化に資する施設として再構築する。

(施設の目的)

あわせて都市計画公園としての役割を維持しつつ、観光の活性化と都市計画公園の役割をもって施設の目的とする。

(運営主体)

フラワー・フルーツパーク公社とする。

②フルーツパーク

(方向性)

現状のポテンシャルを活かしつつ、浜松の「食」と「農」の発信基地として再出発する。

(施設の目的)

食育の実践と農業の6次産業化に重点を置く事業内容とし、これらを通して地域の農業振興に寄与することをもって施設の目的とする。

(運営主体)

新法人を設立し、指定管理者制度で運営する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の発言趣旨は次のとおりです。

1.まず第一に、積極的な借地の解消を進めるべき。特に「フルーツパーク」は、公設民営方式にしていくこともあり、将来的に民間譲渡も見据え、借地の解消計画を立てるべき。

2.フラワーパークについては、これまでも、動物園との一体化を進め「舘山寺総合公園」として検討すべきとしてきたが、今回そうした議論がなされていない。順番が違う。

3.フラワーパークの「再生計画」は、「大幅な入園者増」、「感動的なイルミネーション」とあるが、すでに固まったものか?

(当局)→今後検証していく。

他事例を参考にしつつ、フラワーパークの置かれた状況を踏まえて、投資額や来場者など適正な計画を策定すべき。

4.フラワーパークを公社が運営するというが、行政が関与した観光施設で成功した事例を聞いたことがない。「都市公園」としてなら公社が運営すべきかもしれないが、今回の計画は「都市公園」よりも「観光施設」としての性格が強く、責任体制が不明確な公社運営でなく、民間主導でやるべき。

5.本件は「議会版事業仕分け」だと思っている。議会として類似施設を視察するなどしっかり議論すべき。今後、5月議会で「公社」の「平成23年度事業計画」が報告されると思うが、それまでによく検証すべき。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、具体的な「再生計画」が提案されなかったため、少々期待はずれでした。

本来、「再生計画」をしっかりと議論検証すべきだと思います。

23年度当初予算では、フルーツパークの再生計画に係る一部の予算案しか提案されませんので、この間に無謀な投資計画が進められないように、議会としてしっかり監視しなければいけません。

「再生計画」の確認のため、行革特別委員会の委員長に、3月に委員会を開催することを要望しました。

任期いっぱいまで、キッチリ、フォローしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いちご狩り(2/6)

Cimg6555 愛知県知事選、名古屋市長選、名古屋市議会解散の住民投票は、予想どおりの結果となりました。

既存の政党や政策運営に対する政治不信の結果と言えますね。

気を引き締めて取り組みます。

さて、昨日は「西区まつり」「おいしい舞阪まるごとフェア」で、多くの野菜や海産物を味わいましたが、今日もこのシーズンならではのイベントにいきました。

昨年は冷え込みが続き、いちごの生育が遅れていたと記憶していますが、今年はバッチリのようです。今日も多くの親子連れが楽しんでいました。

これも浜松の魅力のひとつです。多くの人にお楽しみいただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小中連携

小中連携
午後は大平台小学校の5周年記念学習発表会へ。

フィナーレは大平台小学校金管バンド部と入野中学校吹奏楽部のコラボによる「ウイーンの調べ」でした。
なんとあのカール・ヤイトラーさん仕込みとのこと。
みんなイイ経験になったことでしょう。

また合唱、合奏などの他、「かさじぞう」「ないた赤おに」「ちからたろう」など忘れかけていた懐かしい昔話や、今風のダンス(なわとびもダンスミュージックでやるんですね〜)を楽しませていただきました。

忙中閑。
リフレッシュしてガンバります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西区まつり

西区まつり
おなじみとなった「西区まつり」。
ガーデンパークで9時から開会です。

同時開催の「おいしい舞阪まるごと体験フェア」では、開会前からすでに長い行列が(焼きガキのコーナー)!

私もさっそく「炙りのり」を試食させていただきました。

風も弱く、そんなに寒くありませんので、ぜひお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

将棋名人戦in浜松(2/4)

午前中は文教消防委員会。

航空自衛隊浜松基地の騒音区域見直し、インフルエンザによる学級閉鎖の状況などが報告されました。マスコミ報道でもインフルエンザの罹患者が増えているようです。浜松市内は、まだ県全体の水準より低いようですが、手洗い、うがいに加えて、“せきエチケット”もお忘れなく。

報告事項のひとつに「浜松市制100周年記念 第69期名人戦」の開催がありました。

このイベント、4/20(水)-21(木)に、浜松城公園内にある茶室「松韻亭」を舞台に行われます(7番勝負の第2局)。

羽生永世名人に挑戦するのは果たして誰か?A級順位戦も最終盤を迎え、渡辺竜王か森内九段に絞られたようですが、興味がありますね。

★日本将棋連盟のサイト

私も長く人との対局をしていませんが(最近はもっぱらパソコンゲームばかり)、以前はよくヘボ将棋を指したものです。時間があれば、ぜひ大盤解説なども見に行きたいと思います。

名人戦に先立ち、4/17(日)に、小中学生を対象に「将棋大会」が開催されます。TVゲームばかりでなく、こうした知的ゲームにも目を向けてほしいですね。

午後は行革特別委員会の勉強会。

正式な委員会ではありませんが、フラワーパークとフルーツパークの方向性について勉強する予定です。事前配布された資料を見た限りでは、まだ納得できない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

元気の素は “ものづくり”(2/3)

Cimg6538グランドホテルで行われた「はままつメッセ2011」に行きました。

21回目を数えるこのイベント。200社近いブースが出され、それぞれの企業の持っている技術の粋を紹介しています。さまざまなブースを拝見しましたが、あらためて浜松の「ものづくりの底力」を感じました。

私は営業畑ですので技術的なことはよくわかりませんが、ビジネスチャンスはひょんなことから生まれるもの。一見異なる分野であっても、コラボが可能なものがあるんでしょうね。

写真上は“ハンドバイク”(モデルは徳光卓也さん)。

“スポーティな車椅子” と言えばよいでしょうか・・・。オートバイのマフラーをつくる技術を応用し、チタンフレームを加工した、軽量でスピーディな “手動自転車” です。アルミやチタンの溶接箇所がキレイでした。

ワンメイクレースなどやれば、車椅子利用者も健常者もともに楽しめるのではないでしょうか。“ユニバーサル社会”にふさわしい製品かもしれませんね。

出品企業は昨今のオートバイ生産減に苦慮しているようでしたが、「持てる技術を何かに活かせないか」と、さまざまな試行錯誤をしているようです。「販路拡大」や「企業と企業をつなげること」は行政の大きな仕事のひとつです。現場の声を聞きながら、産業政策に取り組みます。

Cimg6544 この他、食品ブースでは地元浜松のさまざまな食材を紹介していました。

私も以前から気になっていた「浜松の卵」をゲット(写真下)。明日の朝食が楽しみです。

はままつメッセ2011は明日2/4も開催中。みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。「目からウロコ」がいっぱいありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

後援会だより2月号(2/2)

後援会だより2月号を作りました。

最近、市政報告が少なく、代わり映えしない記事ばかりですがご覧ください。

★後援会だより2月号(PDF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »