« 地域材の活用(3/7) | トップページ | ふじのくに総合計画(3/10) »

中期財政計画(3/8)

「文教消防委員会」が先ほど終わりました。

担当分野の23年度予算案、他議案は、あまり大きな課題がなかったこともあり、案外、早く終わりました。他の委員会の状況は不明ですが、明日の新聞報道を待ちたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の「総務委員会」に「中期財政計画(H23~26年度)」が報告されています。

11月定例会で見直された「第2次浜松市総合計画(23~26年度)」の裏付けとなる財政計画ですので、注目していましたが、いくつかのポイントがあります。

①総市債残高の目標は変更ナシ(H26年度末5000億円未満)

 計画残高は、22年度末見込5267億円→5161億円→5113億円→5035億円→4957億円

②市税収入は、ほぼ横ばい(やや微増)の見込み

 22年度見込1220億円→1225億円→1259億円→1267億円→1277億円

 ピーク時の平成19年度決算額1374億円と比較すると、しばらく厳しい状況が続く。

③人件費は4年間で▲29億円を計画

 23~27年度の定員適正化計画により5年間で314人を削減、時間外勤務の縮減と合わせ、22年度末見込の492億円から463億円に。

④投資的経費は期間を通じて450億円程度を想定

 19~22年度の前期中期財政計画では550~600億円としていたので、大幅ダウンとなる。

⑤扶助費は4年間で+76億円を見込む

 子ども手当は23年度予算(192億円)と同制度と試算。生活保護扶助など3%増と見込む。

総括的に見れば、税収が厳しい中、財政健全化を基軸にした堅実な計画といえます。一方、投資的経費が抑制されていますので、長期的なまちづくりビジョンが求められるのではないでしょうか。総合計画との比較が必要です。

今日の常任委員会で23年度予算審議は終わります。15日の本会議は採決だけですので、そろそろ、静岡県政の研究も進めていきます。

|
|

« 地域材の活用(3/7) | トップページ | ふじのくに総合計画(3/10) »

A企画・総務・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/51066340

この記事へのトラックバック一覧です: 中期財政計画(3/8):

« 地域材の活用(3/7) | トップページ | ふじのくに総合計画(3/10) »