« 浜岡原発その2(4/23) | トップページ | クールビズ(5/1) »

静岡県行財政改革大綱(4/27)

静岡県は3/30に「行財政改革大綱」を公表しています。

★大綱はこちら(静岡県のサイト)

詳細は今後精査していきますが、3つの基本姿勢として下記を揚げています。

○県民本位(県民の立場になって成果を追及する)

○行政の生産性の向上(サービスの質や効率性の持続的な向上を図る)

○手段の最適化(最適な実施主体を選び、できる限り任せる)

視点は私とまったく同じでしたので、「我が意を得たり」との思いでしたが、関連資料を調べていて納得しました。

この「大綱」の策定には、「ふじのくに行財政革新戦略会議」という諮問機関が関わっており、これには、“改革派知事”といわれた元岩手県知事・総務大臣の増田寛也氏、事業仕分けで有名になった“構想日本”代表の加藤秀樹氏、浜松市行革審委員で元ヤマハ会長の伊藤修二氏らそうそうたるメンバーが参加しています。

「大綱」策定に至る「戦略会議」の「提言書」や「議事録」を読むだけでもずいぶん参考になります。

ちなみに「提言書」は次のような項目で構成されています。

1.県に対する提言

 (1)外郭団体の検証・見直し

 (2)指定管理者制度の運用の見直し

 (3)補助金の見直し

 (4)県と市町の役割分担等を踏まえた出先機関の見直し

 (5)県有資産の管理方法の見直し

 (6)透明性の高い県民参加型の行政経営システム

 (7)社会情勢に対応した行革の取組

2.県議会に対する提言

県への提言もさることながら、議会への提言として触れている、定数見直しや活動の透明性確保など「議会改革」について、私もまったく同感です。

新人ならではの視点で取り組みます。

戦略会議の提言をご覧になりたい方は下記をどうぞ

★提言書(PDF)

|
|

« 浜岡原発その2(4/23) | トップページ | クールビズ(5/1) »

08.行財政改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/51505983

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県行財政改革大綱(4/27):

« 浜岡原発その2(4/23) | トップページ | クールビズ(5/1) »