« “ふじのくに”危機管理計画(5/2) | トップページ | 後援会だより5月号(5/6) »

錦タワー(5/4)

Cimg6679 ここは三重県大紀町。
同町で行われた法事のついでに、津波対策施設の「錦タワー」を見に来ました。

この地区は、昭和19年の東南海地震の大津波で死者64人、家屋全壊447戸の被害を出したところです。

「錦タワー」は平成9-10年度に1億3855万円をかけて造られた5階建て施設で(高さ21.8m)500人が避難可能とされています(2階以上の床面積は約230㎡でしたが…)。

Cimg6689 通常は、防災倉庫(1階)、集会施設(2階)、防災資料館(3階)として使用されており、避難しやすいように施設の外にらせん階段があります。

3階の資料館には、昭和19年当時の写真があり、まさに今の三陸と同じ様子が写っていました。

Cimg6693 今日は行政視察ではないので、話を聞くことはできませんでしたが、ここではハードだけでなく、避難訓練などソフト面にも力を入れているとのこと。

長い海岸線を持つ静岡県では、津波対策はクローズアップされる施策です。

現場主義で取り組んでいきます。

|
|

« “ふじのくに”危機管理計画(5/2) | トップページ | 後援会だより5月号(5/6) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/51574980

この記事へのトラックバック一覧です: 錦タワー(5/4):

« “ふじのくに”危機管理計画(5/2) | トップページ | 後援会だより5月号(5/6) »