« 潮干狩り(6/18) | トップページ | 静岡県行財政改革推進委員会(6/20) »

「つぶ食 いしもと」でスローフード(6/19)

Outoside 今日のお昼ごはんは「つぶ食 いしもと」さんへ。

水窪町にあるこのお店は、以前から一度行きたいと思っていたところ。8年前に開業した、知る人ぞ知る、“雑穀”をおいしく食べさせてくれるお店です。

Noren_2 浜松からR152号線をひたすら北上し、水窪商店街に入る信号交差点を山住神社(天竜スーパー林道)方面に右折。

JR飯田線の踏切を超え少し行き、水窪中学校の先を左折すると風情のある暖簾がお出迎え。

Inside うぐいすの啼き声が響く中、暖簾をくぐると、築100年以上(と書いてあるパンフレットがありました)の落ち着いた雰囲気のお座敷。

完全予約制の「いしもと」さん、今日は私たちだけでしたが、昨日は35人の団体さんがいたそうです(この雰囲気からは想像できない・・・^^;)。

待つこと数分。予約してあった2000円のコースが出てきました。素朴な中に味わいのあるメニューでした。

Cimg6839_2写真①

“きび”ご飯は、女房が止めるにもかかわらず、お代わりしてしまう美味しさ(たぶん太らないよね・・・^^;)。4杯お代わりした学生さんもいたとか。

サラダは“もち粟”ドレッシングがかかっていました。不思議な食感。

太めの糸こんにゃく胡桃あえは、味わいも歯ごたえもしっかり。

Cimg6838_2写真②

まん中の“もろこし”のハンバーグと春巻は穀類とは思えない食感。

“ひえ”のフライ(三角)は白身魚のような味わい。

“きび”とじゃがいものコロッケ(丸)は口の中でふんわりとろけます。

これらの味付けは塩だけだそうですが、信じられないほどの味わいでした。

山菜のてんぷらは季節に合わせてくれるそうです。春先がおいしそうですね(山菜の名前は聞いたけど忘れてしまいました・・・^^;)。

Cimg6840

写真③

まん中のこんにゃくには海苔を練りこんであります。

左は “ひえ”のケーキ。デザートもできるんですね。

“ふき”とじゃがいももおいしくいただきました。写真を撮り忘れましたが、このあと“こきび”のおはぎもいただきました。

なお、雑穀の名前はうろ覚えなので、間違っていたらごめんなさい。お米に“うるち”と“もち”があるように、雑穀にもあるんですって(深いなぁ・・・)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食事の後、店主の石本静子さんとお話しさせていただきました。

日本人は昔から雑穀を食べてきましたが、“ひえ”などは今では希少品になっており、スローフードブームではありますが、市販の五穀米や十穀米に国内産は少ないのでは・・・とのお話でした。

また食事だけでなく、「いしもと」さんでは、11月に「こんにゃく作り体験」もおこなっているとのこと。いろんな魅力発信に取り組んでいるようです。大学生のお孫さんが、将来“つぶ食”による地域おこしを夢見ていることなども伺いました。

市議会議員の時から、中山間地域振興は政策テーマの一つでした。「農家レストラン」や「農家民宿」など、スローライフへのニーズは、今後、高まってくるのではないでしょうか。

今日も、道々にあるグリーンツーリズム関連施設を見てきましたが、受皿さえあれば、天竜区の魅力はもっともっとPRでき、交流人口アップは可能です。

行政のPRもまだまだ課題がありそうです。携わるフィールドは広くなりましたが、引き続き、中山間地域の魅力発信に努めていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★つぶ食とは(静岡県のサイト)

「つぶ食 いしもと」

浜松市天竜区水窪町地頭方389

053-987-0411

営業時間 12時~14時

完全予約制、多人数の場合はお早めに(2人なら前日でもOK)

|
|

« 潮干狩り(6/18) | トップページ | 静岡県行財政改革推進委員会(6/20) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/51987588

この記事へのトラックバック一覧です: 「つぶ食 いしもと」でスローフード(6/19):

« 潮干狩り(6/18) | トップページ | 静岡県行財政改革推進委員会(6/20) »