« 本会議初日(6/23) | トップページ | モトクロス観戦(6/27) »

職業としての政治(6/25)

マックス・ヴェーバー著の「職業としての政治」を読みました。

100ページほどの薄い本ですが、中味が非常に濃い。92年前のドイツでの講演記録ですが、今の時代にあてはめてもまったく色あせていません。

◆政治家に特に重要な資質は「情熱」「責任感」「判断力」。挫折にめげない堅い意志で武装する必要がある。

◆敵は「虚栄心」。罪は「自己陶酔」と「無責任」。権力を笠にきた大言壮語や権力におぼれたナルシズムほど、政治の力を堕落させ歪めるものはない。

◆政治とは、燃える情熱と冷静な判断力を駆使しながら、堅い板にじわっじわっと穴をくりぬいていく作業。

政治家としての心構えとして、このあたりはよく理解できます。

今の国政にあてはめると、首相はすでに「罪」を犯していると思えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、なかなか難しいのが「政治倫理」に関する記述。自分なりの解釈では、次のようなことが書いてあったと思います。

◆「心情倫理」と「責任倫理」のパラドックス---政治は「キレイ事」だけでは済まされず、「結果責任」が求められる---をバランスさせることが大切。

◆善い目的(善政)達成のためには、道徳的にいかがわしい手段、危険な手段を用いなければならず、悪い副作用の可能性や蓋然性まで覚悟してかからねばならない。しかしどの程度まで正当化できるかは証明されない。

最後の項目に現実をあてはめると・・・、

小沢元代表は、正当化される一線のレベルを問われており、検察はOK、国民はNO、政治家本人としては問題ないと考えているのでしょう。

また「原子力」については、「心情倫理」からすればNOでしょうが、「責任倫理」からすればNOとはいいきれません。まさに難解な政治課題です。

|
|

« 本会議初日(6/23) | トップページ | モトクロス観戦(6/27) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/52037053

この記事へのトラックバック一覧です: 職業としての政治(6/25):

« 本会議初日(6/23) | トップページ | モトクロス観戦(6/27) »