« 代表質問を聞きに行きませんか(6/12) | トップページ | 川勝知事への申し入れ(6/15) »

課題は現場にあり(6/13)

4月の改選後、初となる浜松市議会代表質問を傍聴しました。

「防災・津波対策」は全員が質問。

「津波避難所の指定」など市独自にできることはやっていくようですが、基本となる被害想定は国や県の見直しを待たざるを得ません。

県もこれまでの「第3次被害想定」を見直すとしていますが、いったいどの程度の津波を想定するのか、難しさを感じます。

★静岡県第3次被害想定(県HP)

ちなみに浜松市西区南区の沿岸部には、1号線バイパスやさざんか通り沿いに8m近い砂丘堤(日本語として正しくありませんが用語がわかりません)がありますので、遠州灘から直接津波が来ることは想定されていません。

浜松市の取り組みは下記をどうぞ。

★浜松市津波対策プロジェクト会議(市HP)

また、今回の震災で痛感したもののひとつに、遠野市で学んだ「受援の仕組みづくり」があります。今日も「広域物資拠点」の話が出ましたが、耐震のほか津波対策、また電源などのインフラが使えなくなったときのリカバーの仕組みなど、県下全域で見直しが必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

財政的な課題としては・・・、

まず、今年度で切れる国の緊急経済対策を今後どうするか。

また、国の「第1次補正予算」の復興財源が、地方自治体にどのように影響されるのか。

・・・など、県としてもしっかり考えなければいけない課題が提起されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この他にも、私の関心の高いテーマとして、「行政経営」、県と市にまたがる「外郭団体の見直し(統合)」、「土日保育」、「節電対策」、「6次産業化」などについて議論が交わされました。

“現場”には課題が山積しています。

浜松市だけでなく他の自治体議会も傍聴に行こうかな・・・。

|
|

« 代表質問を聞きに行きませんか(6/12) | トップページ | 川勝知事への申し入れ(6/15) »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/51935197

この記事へのトラックバック一覧です: 課題は現場にあり(6/13):

« 代表質問を聞きに行きませんか(6/12) | トップページ | 川勝知事への申し入れ(6/15) »