« 観光振興条例プロジェクトチーム(9/28) | トップページ | 栽培漁業(10/1) »

清貧と復興(9/30)

火曜日から続く本会議の質問。来週月曜日まで続きます。

「民主党・ふじのくに県議団」からは、昨日は浜松市東区選出の源馬謙太郎議員が「地域主権」や「教育(委員会)改革」などで一石を投じました。

今日は会派幹事長の高田泰久議員と、沼津市議3期のキャリアを持つ曳田卓議員が1期生のトップを切って登壇し、「エネルギー政策」や、遠野市で学んだ「被災者後方支援」、私も関心の高い「中小企業支援」や「財政」に関する質問をしました。

みなさんそれぞれに研究されていて、非常に参考になる議論でした。

私も12月議会の質問に備えて、そろそろテーマ選定に入ろうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ数日、新幹線で往復していますが、こんな本をお供にしていました。

“メザシ”で有名になった土光敏夫さんのことを書いた本。

土光さんはサラリーマン出身の企業経営者ですが、第二次臨時行政調査会の会長としても有名です。

行財政改革は30年前から必要とされていますが、いまだに道半ばです。

この本を読むと土光さんは政治家に必要な見識もお持ちだったことがわかります。

こんな時代だからこそ読みたい本です。

|
|

« 観光振興条例プロジェクトチーム(9/28) | トップページ | 栽培漁業(10/1) »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/52872731

この記事へのトラックバック一覧です: 清貧と復興(9/30):

« 観光振興条例プロジェクトチーム(9/28) | トップページ | 栽培漁業(10/1) »