« 西遠流域下水道(9/14) | トップページ | 歴史に学ぶ危機管理(9/18) »

視察報告(9/15)

Dsc_0109 先週の視察報告を作りました。

とりあえず「奈良県のクラウド共同化」と「西宮市の被災者支援システム」についてアップします。

★奈良県のクラウド共同化について(PDF)

★西宮市の被災者支援システム(PDF)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自治体クラウドの先進地は、京都府、佐賀県、北海道と言われていますが、取り組みやすいのは「奈良モデル」といわれています。

「奈良モデル」のネット情報は少ないのですが、次のような記事がありましたので紹介します。私の報告だけではよくわからないと思いますので、あわせてお読みいただくとよいかと思います。

★クラウドWatchのサイト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西宮市の「被災者支援システム」はあらゆる災害時に活用できるスグレモノです。

東日本大震災でも、「罹災証明書」の発行など行政手続きの遅れが被災者の不評を買った…との指摘がありました。

「被災者支援システム」は西宮市が阪神大震災の時に独自に作ったシステムを改善し、「住所氏名」など基本情報に加えて、「被災状況」、「住居情報(避難所・仮設含)」、「義援金支給」など、実際の復旧事業に必要なデータを一元管理するシステムです。

現在、全国の自治体が自由に活用できる仕組みになっています。

「罹災証明書」をはじめ、各種手続きがスピーディにできるということで、東日本大震災後、問い合わせが増えているようです。知らない人は下記サイトをぜひご覧ください。

導入に慎重な自治体もありますが、行政の役割は「住民の安全・安心、生活を守る」ことですので、基礎自治体関係者の方は、ぜひご一考いただきたいと思います。

★西宮市のサイト

(西宮市のURLは普通の自治体とはちょっと違うんですけど、わかりますかね?)

【写真は奈良県庁屋上からみた若草山と東大寺。今回、奈良市の滞在時間はわずか3時間でした(またゆっくり行きたいです)】

|
|

« 西遠流域下水道(9/14) | トップページ | 歴史に学ぶ危機管理(9/18) »

11.視察・研修・活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/52729570

この記事へのトラックバック一覧です: 視察報告(9/15):

« 西遠流域下水道(9/14) | トップページ | 歴史に学ぶ危機管理(9/18) »