« 産業委員会視察(10/17) | トップページ | 6次産業化の現場(10/20) »

北大リサーチ&ビジネスパーク構想(10/18)

293900_162696213824161_100002513499 昨日の産業委員会視察は、北海道大学の「コラボほっかいどう」に行き、「北大リサーチ&ビジネスパーク構想」のお話を聞きました。

産学官連携事業は日本中で行われていますが、ここ「北大リサーチ&ビジネスパーク構想」は、“選択と集中” が効いている取り組みでした。

この構想は、北海道経済連合会が中心となり、北大と北海道、札幌市などの連携で進められています。

北海道経済の柱である農業・水産業に大学の研究機能を活かし、将来像を「健康科学・医療融合拠点」として新産業創出をめざしています。

北大内にある38のインキュベートルームから育っている大学発ベンチャーのほか、道内各地にある6つの地域クラスターとも連携し、年間800近い事業のタネを吸い上げ、10ほどに絞り込んで事業化しています。

行政は公平性が求められますが、ここでは公益財団の特徴を生かし、玉石混交の中 “選択と集中” により事業投資しています。

10年間で、国庫補助140億円で1865人の研究者支援を行い、306億円の売り上げにつなげています。

販促支援についても、バイヤーの目を通して商品カイゼンにつなげている面白い事例をうかがいました。

静岡県の外郭団体には「しずおか産業創造機構」、「テクノポリス推進機構」がありますが、少し違うように感じました。

経済団体が中心になっているということがカギのような気がします。

|
|

« 産業委員会視察(10/17) | トップページ | 6次産業化の現場(10/20) »

11.視察・研修・活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/53026177

この記事へのトラックバック一覧です: 北大リサーチ&ビジネスパーク構想(10/18):

« 産業委員会視察(10/17) | トップページ | 6次産業化の現場(10/20) »