« 自治と税制と外交と(11/23) | トップページ | 「維新」が意味するもの(11/27) »

186億円の補正予算案(11/24)

11/30に開会する静岡県議会12月定例会に提出される議案が公表されました。

ちなみに今定例会は、当初12/1に開会予定でしたが、人事委員会勧告に基づく期末勤勉手当等の審議のために、1日前倒しで開会されることになりました。

議案は186億円という大規模な補正予算案のほか、指定管理者の指定(更新)などが提案されています。東日本大震災で現地支援にあたった職員(主に警察官)に対する特別勤務手当もありましたが、あらためて大変な仕事をされたみなさんに敬意を表したいと思います。

指定管理者の指定(更新)については、①現在の指定管理者の評価、②今回の応募状況、③提案内容の比較資料を、常任委員会に提出するよう要望しました。私は指定管理者制度そのものは否定しません。しかし三ケ日青年の家のような事例を出さないためにも、議会の責任として事前チェックをしっかりすべきと考えています。

補正予算は県のサイトに早速アップされています(県はこういうところはスピーディです)。

★補正予算案(静岡県のサイト・PDF)

台風15号の災害復旧費が約27億円計上されています。浜松市内の災害復旧についても、道路などは浜松市単独事業ですが、がけ崩れなどの復旧は県費を使っています。

この他、国の3次補正に対応した予算が組まれており、地震・津波対策が83億円計上されています。必要な事業は行わないといけませんが、起債事業が多いことについては、内容をよくチェックしなければいけないと思います。

私の担当する「産業委員会」マターでは、緊急雇用創出事業で30億円の追加がありました。震災や円高による失業者対策ということですが、引き続き、厳しい社会情勢を反映しています。常任委員会に向けて「雇用創造アクションプラン」の論議状況もチェックしたいと思っています。

|
|

« 自治と税制と外交と(11/23) | トップページ | 「維新」が意味するもの(11/27) »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/53324489

この記事へのトラックバック一覧です: 186億円の補正予算案(11/24):

« 自治と税制と外交と(11/23) | トップページ | 「維新」が意味するもの(11/27) »