« 「維新」が意味するもの(11/27) | トップページ | 12月定例会スタート(11/30) »

大阪府が進める「家・庭一体のすまいづくり」

大阪府が進める「家・庭一体のすまいづくり」
新大阪からクルマで30分、「オオタカと暮らす街 箕面森町(みのおしんまち)」に行きました。
ここは大阪府がPFI方式で宅地開発を進めています。

今日は分権改革の先進事例視察で箕面市役所に行ったのですが、時間があったので、静岡県が進める「家・庭一体のすまいづくり」の参考になるかと思い、足を延ばしてみました。

景気の影響もあり苦労しているようですが、さすが大阪、民間の力を活かしてPFI方式で進めるなど、いろいろ工夫しています。

自然と一体となった開発エリアは、地形を活かして、個性あふれる街を形づくっています。

写真は里山との共生を進めるNPOの活動拠点。こうした仕掛けも大切ですね。

分権改革の方はあらためてアップします。

|

« 「維新」が意味するもの(11/27) | トップページ | 12月定例会スタート(11/30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府が進める「家・庭一体のすまいづくり」:

« 「維新」が意味するもの(11/27) | トップページ | 12月定例会スタート(11/30) »