« 食の都 仕事人ウィーク(4/25) | トップページ | 政策条例を検討(4/27) »

内陸のフロンティア(4/26)

今年度の静岡県の重点事業の一つである「内陸のフロンティア」。

新東名高速道路の完成を機に県内の新たな開発(開拓)を進め、閉塞感を吹き飛ばしたいものです。

まだ言葉が先行しているところがありますが、現時点で検討されている内容を私なりにまとめてみました。

◆防災・減災の充実強化

○産業集積の推進・・・沿岸部工場等の高台移転の受け皿づくり

○インフラの整備・・・災害代替機能を果たす広域物流システム構築

○緊急物資供給体制の確保・・・新東名SA等を活用した整備

◆内陸部のイノベーションの推進

○土地利用の調整・・・有効な土地の利活用推進

○居住環境の向上・・・自然と共生する「家・庭一体の住まいづくり」

○交流の促進・・・都市と農山村の交流促進

○新たな農林業の振興・・・6次産業化の推進

◆都市部のリノベーションの推進

○新たな農水産業の振興・・・(リプレイスによる)工場跡地の利活用

○魅力ある都市空間の創造・・・(同)緑地空間の確保

○津波防災地域づくりの推進

○新エネルギーの導入・・・分散型エネルギーの活用

◆多層的な地域連携軸の形成

○社会・環境インフラの整備・・・交通・情報ネットワークの充実

 ★参考:「交通ネットワークビジョン」(静岡県のサイト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらを実現していくために、県は今年度、「土地規制の緩和」や「新産業の企業立地促進税制、6次産業化の研究開発税制の特例」などを可能とする「総合特区」の申請を検討しています。

最大の課題は「土地利用に関する規制緩和」ではないでしょうか。浜松市の「新ものづくり特区」でも農水省の抵抗が大きいようですが、地方のことは地方に任せて欲しいものです。

副知事選任がずれ込んだことから、ちょっと出遅れ感のある「内陸フロンティア」の取り組みですが、森山副知事のリーダーシップの下、スピーディに進むよう取り組みを強化していく必要があります。

|
|

« 食の都 仕事人ウィーク(4/25) | トップページ | 政策条例を検討(4/27) »

02.企画・文化・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/54557802

この記事へのトラックバック一覧です: 内陸のフロンティア(4/26):

« 食の都 仕事人ウィーク(4/25) | トップページ | 政策条例を検討(4/27) »