« 商社マンに学ぶ(4/13) | トップページ | 副知事選任(4/18) »

祝・新東名開通(4/14)

Gumma 昨日は群馬県庁で「土地開発公社の解散」および「外郭団体改革」についてヒアリングを行いました。

「群馬県土地開発公社」は道路(関越道・北関東自動車道など)や鉄道網(上越新幹線・長野新幹線など)の整備を中心に事業を進めてきたとのこと。

これらのインフラ整備が一段落し、あとはアクセス道路などが中心になったこともあり、平成21年度をもって公社を廃止しました。

幸い“塩漬け”土地は持っていなかったようです。

「土地開発公社」の存廃については、「今後の事業が見込めるようならば、あっても良い」とのコメントをいただきましたが、土木事務所でも十分対応可能と感じました。

また群馬県には「用地先行取得特別会計」がありましたが、あまり使っていないとのこと。

今や土地がバンバン値上がりするような時代ではないので、“機動的な先行取得”が魅力だった「土地開発公社」は、本来の役割を終えたといってよいのではないでしょうか。

その他の外郭団体については、「指定管理業務が事業の中心になっている団体」をチェックしているとのことでした。このあたりの問題意識も同じですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Gummagikai ヒアリング後、議会事務局の方に議場を見せていただきました。

執行部と議員の間のスペースに、横向きに対面式の演壇があります。

ここで「一問一答」をやるとのこと(持ち時間54分)。

群馬県議会は平成17年度から始めているとのことでしたので、早い方ではないでしょうか。

県庁舎も議会棟も非常に豪華でしたが、中身が伴っていれば、県民からも文句は出ないでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Newtomei 今日は朝から富士市へ行き、新東名高速道路の開通式に出席。

あいにくの雨で富士山を見ることはできませんでしたが、いよいよ「内陸フロンティア」のスタートです。

インフラ事業には賛否両論ありますし、私も厳しく見ていますが、“コストと投資”の見極めが重要です。

新東名が今後の静岡県の活性化につながるよう、施策を構築していく必要があります。

|
|

« 商社マンに学ぶ(4/13) | トップページ | 副知事選任(4/18) »

06.建設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/54469823

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・新東名開通(4/14):

« 商社マンに学ぶ(4/13) | トップページ | 副知事選任(4/18) »