« 副知事選任(4/18) | トップページ | 静岡空港と改正PFI法(4/24) »

原点に帰る(4/22)

May_day 雨の中、「第83回 浜松地区メーデー」が開催されました。

この時期の浜松城公園は、新緑が鮮やかでとても気持ちいいのですが、今日はケヤキの葉もまばらで、肌寒さを感じるほどでした。

FBでアップしたら、「こんなに早い時期にやるんだっけ?」とのコメントをいただきましたが、浜松地区では、もう10年以上前から「GW前の日曜日」に開催しています。

製造業の多い土地柄、「GW中は人が集まらない」という声から、浜松は他に先駆けてこの時期に開催してきましたが、最近はこのタイミングで実施する地区が増えてきたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は議員になる前、連合浜松の議長として何度かメーデーを主催しました。ソフトな企画の中で、いかに労働組合の基本と仲間意識を持ってもらうかを考えてきました。

労働組合の基本は「働くものの幸せづくり」です。そのためには、「会社・社会・個人(家庭)」の3方向から生活の改善につなげる必要があります。

そして「社会」における幸せづくりを考えた時、労組に入っていない働く仲間のことも考え、地域での政策制度改善に取り組むことも強化してきました。

その時は自分が議員になるとは思っていませんでしたが、結果的に連合の議長として考えてきたことが、今に生きています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

議長当時、すでに退職されていたOBの方から、こんな川柳をいただきました。

「メーデーに 闘うものの 顔の無し」

近年の労組の取り組みを批判したのか、はたまた、平和な時代になったな~との感を持ったのか、私は文才がないのでわかりませんが、労働組合の活動が時代とともに変わってきたのは確かです。

労働組合に対し、いまだに何やら怪しげな圧力団体のように思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、「国鉄のストライキ」の時代と違い、今の労組は額に汗してまじめに働くみなさんがほとんどです。

税制ひとつとっても、サラリーマンは源泉徴収により100%納税していますが、個人県民税の収入率が9割に満たない現状をお話しすると、みんなビックリします。

こうした“サイレントマジョリティ”の声を伝えていくのが、私の役目だと思っています。

|
|

« 副知事選任(4/18) | トップページ | 静岡空港と改正PFI法(4/24) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/54534213

この記事へのトラックバック一覧です: 原点に帰る(4/22):

« 副知事選任(4/18) | トップページ | 静岡空港と改正PFI法(4/24) »