« おじいちゃんおばあちゃんからのプレゼント(8/8) | トップページ | 秋の準備(8/10) »

内部統制(8/9)

2日間の「内部統制」のセミナー、昨日は財政中心の話でしたが、今日は本題の「内部統制」の仕組みづくりをみっちり聞きました。

面白かったのはセミナー参加者構成。全16人中、議員4人、監査事務局4人、首長部局8人となっており、各セクターの「内部統制」への関心度合いがうかがえました。

「内部統制」は役所内部でリスクコントロールする仕組みを作ることです。上場企業では財務情報の信頼性を高めることを中心に2008年度から導入されています。

行政では、2009年3月に総務省の「地方公共団体における内部統制のあり方に関する研究会」から、信頼される地方公共団体をめざして「内部統制による地方公共団体の組織マネジメント改革」という報告書が出されています。

★内部統制による地方公共団体のマネジメント改革(PDF)

内部統制の目的は大きく4つ。

住民にとって信頼される自治体であるための前提条件たる「法令順守」、現状分析に必要な「財務報告の信頼性」、「資産の保全と負債の管理」、それらを踏まえた「業務の有効性と効率性」です。

それらを進めるための6つの構成要素は下記のとおりです。

①統制環境・・・内部統制の整備・運用を行う基礎

②リスク評価と対応・・・上記報告書に101のリスクが例示されている。自治体リスクマネジメントの事例はまだ無い

③統制活動・・・決められたルールを運用する

④情報と伝達・・・正しい情報を伝達するルートの整備

⑤モニタリング・・・上記をチェック・評価する内部・外部のしくみづくり(日常的モニタリングと独立的評価)

⑥ITへの対応・・・業務効率化とリスク対応の両面を推進。CIO(補佐官)の活用

「内部統制」はコンプライアンス上の問題をはじめ、非効率な仕組みの改善など行政改革に使える仕組みです。“統制”というと、厳格な規律にもとづく堅苦しい仕組みを想像しがちですが、けっしてそれだけではありません。

リスクに対する個別の「チェック」体制は大切ですが、今日のセミナーでは、さらに有効なのは「予防」であり、全体として“風通しのよい組織”をつくることが重要な要素だということを教わりました。

「公会計改革」同様、行政経営に活かせる民間の取り組みのひとつです。

|
|

« おじいちゃんおばあちゃんからのプレゼント(8/8) | トップページ | 秋の準備(8/10) »

08.行財政改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/55385365

この記事へのトラックバック一覧です: 内部統制(8/9):

« おじいちゃんおばあちゃんからのプレゼント(8/8) | トップページ | 秋の準備(8/10) »