« 広域行政の役割 | トップページ | 小選挙区制度の功罪(11/22) »

クエスチョン・タイム

今日は驚きました。
昨日の研修会で背景を聞いていたので、今日のクエスチョン・タイム(QT)でのやりとりにある程度の感触は持っていましたが、まさか一気に投票日まで決まってしまうとは…。

今日のQTは総理に軍配が上がったように感じましたが、いずれにしても、イバラの道であることに変わりはありません。

いよいよ総選挙になりますが、政権交代可能な二大政党制を目指して導入された「小選挙区制」の下で、まさか15(?)もの政党が乱立し、多くの争点の中から適任者を選ぶ選挙になることは、3年前には考えられませんでした。

憲法、安全保障、エネルギー、TPP、税制、財政、地方分権(道州制)などなど各政党の主張を明確にして、有権者にわかりやすくして欲しいですね。

|

« 広域行政の役割 | トップページ | 小選挙区制度の功罪(11/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クエスチョン・タイム:

« 広域行政の役割 | トップページ | 小選挙区制度の功罪(11/22) »