« 秦野市のFMの取り組み(12/27) | トップページ | 学而不思則罔、思而不学則殆(12/31) »

仕事納め(12/28)

155894_385022641591516_1977125684_n今日で仕事納めという方も多いでしょうが、県議会も今日が12月定例会最終日。知事提出議案のほか、議員発議による2つの条例案、“政務調査費”が“政務活動費”に代わることに伴う条例改定案などを可決し閉会しました。

議員発議による条例は、①「静岡県と外国の地方公共団体との友好交流に関する条例」と②「静岡県商店街振興及び活性化条例」の2本です。

今回はともに自民系会派から提案されたもので、わが会派「民主党・ふじのくに県議団」提案の「食の安心・安全条例」は継続審議中となっています(政策条例なので詳細な検討が必要なため)。本当は3本一緒に上程できればと思っていましたが、残念です。

私は①の委員会審議に関わりました。会派や個人の意見が必ずしも100%反映されているわけではないので、決して満足はしていませんが、多数に従うのは民主主義の原則ですので、仕方ありません。

当初、「友好提携の議決事件化」を目的に提案されましたが、議論の末、「友好交流の推進(解消もあるかもしれませんが)」のための県と県民の役割などについて規定しました。

友好協定締結を議決化したことは、トップのフリーハンドではできなくなることを意味しますが、逆に議会の関与を高めることで、議会の責務も高まることになります。ちょうど浙江省交流団が訪中したばかりですが、今まで以上に外交交流施策のチェックや協力などが求められます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、マスコミの皆さんがもっとも多く集まったのは、議会閉会後でした。

議員65人により「静岡県議会 原発・総合エネルギー対策議員連盟」を立ち上げ、その設立総会が開催されました。

浜岡原発の安全確保についてはさまざまな課題があります。その中で「県民投票条例案」が提出され議会は否決しましたが、姿勢を示すことを求められました。

議員連盟では、浜岡原発の安全性の検証を第一義に、原子力発電の今後と総合的エネルギー対策等について調査研究し、政策提言を行う予定です。

当面、平成26年3月末をめどに、原発関連施設の視察や福島第一原発事故の検証、住民からの意見聴取などを計画しています。

私もメンバーの一人として取り組んでいきます。

|
|

« 秦野市のFMの取り組み(12/27) | トップページ | 学而不思則罔、思而不学則殆(12/31) »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/56411286

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事納め(12/28):

« 秦野市のFMの取り組み(12/27) | トップページ | 学而不思則罔、思而不学則殆(12/31) »