« 仕事納め(12/28) | トップページ | 元旦にかかる霓(1/1) »

学而不思則罔、思而不学則殆(12/31)

今年もあと少し。お世話になったみなさまに感謝しながら年の瀬を迎えています。

明日から全く新たな未来が始まるわけではありませんが、やはり大晦日と元旦は、一種のリセットというか、心の持ち方が違うような気がします。

・・・・・・・・・・・・

ここ数日、論語を読んでいます。ハッとさせられたのがこの一節。

「学而不思則罔、思而不学則殆」です。

学びて思わざればすなわち(則)くらし(罔)、思いて学ばざればすなわちあやうし(殆)。

その意は、「勉強してばかりしても、自分の頭で考えなければ本当の力は身につかない。逆に、頭で考えてばかりでも、人からいろんなことを教わらなければ、それは独善であぶない」ということだと思います。

・・・・・・・・・・・・

私は、勉強が嫌いではありません。好奇心というか、“負けず嫌い”がそうさせるのでしょうが、なんでもダボハゼのように吸収しようと思っています。

考えることも好きです。これは若い時の苦い経験によるものです。

仕事上ちょっとした疑問があり、上司に相談にいったときに、「君はどう考えているんだ?」と問われ、答えられなかったことがありました。これは悔しかったですね。以降、私は常に自分の意見を持つことにしています(言うかどうかは別ですが)。

・・・・・・・・・・・・

今日、論語を読んで “学” の中味を考えさせられました。

“学”は奥深いものです。人は“知っていること”よりも、“知らないこと”のほうが多いのですから、少なくとも自分の任されている範囲では、人よりも学ばないといけません。

私にとっては、“政治”がまさにそれにあたります。

年末に再度の政権交代がおこりました。議席を見れば自民党の圧勝ですが、比例票に見るとおり、必ずしも自民党への信任(全権委任)ではないと考えます。

“学”はやはり“実学”でないといけません。

今の民意が何を考えているのか、政治をどう考えているのか、これを“実学”として政治に反映するのが私に求められていることだと思います。

向かう巳年は、これまで以上に“学ぶ年”にしたいと思います。とりわけ“民意を聴く年”にしたいと思います。

|
|

« 仕事納め(12/28) | トップページ | 元旦にかかる霓(1/1) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/56439205

この記事へのトラックバック一覧です: 学而不思則罔、思而不学則殆(12/31):

« 仕事納め(12/28) | トップページ | 元旦にかかる霓(1/1) »