« ふじっぴー家の家計簿(12/5) | トップページ | 静岡県の資産経営(12/9) »

分権改革の進捗状況(12/6)

Kijitsumae 昨日から「期日前投票」が始まっています。16日に予定がある人はもちろん、予定が入りそうな人も早めに投票に行きましょう。

今日の朝刊に公示直後の情勢分析が掲載されました。私自身、少々複雑な心境ですが、将来の日本のあるべき姿、20年30年先にこどもたちに残すべき日本社会像を考えて意思表示をしましょう。

そんな中で、地方議員の私にとって重要なテーマのひとつが「地域主権(地方分権)改革」です。

グローバル化、少子高齢化の中、30年先の日本が中央集権のまま存続しているでしょうか・・・。私は分権改革を進め、補完性の原則に基づき、ムダのない行政制度を作っていく必要があると思っています。

昨年成立した「地域主権一括法」により「義務付け・枠付けの見直し」が実施され、地方自治体独自に、地域に応じた制度を作ることができるようになりました。このことは一歩前進だと受け止めています(歩みは遅々としていますが・・・)。

法改正により都道府県には26法律89条項が条例委任されましたが、これらについて独自の制度を整備するためには、今年度中に条例制定する必要があります。

静岡県ではこれまでに「県道の構造基準」など10条例を制定しています。

★国の基準を見直した条例一覧(県のサイト)

これらに加え、12/1のブログで書いたとおり、12月定例会には「県営住宅の基準見直し」が提案されていますが、今後、2月定例会に向けて条例・規則の制定の検討が進むことになります。

現在、検討中のものとして「職業訓練」における機会の拡大、「福祉施設」の秘密保持や防災対策、「都市公園」のバリアフリー整備などが挙げられています。

静岡県の取り組み水準が他県に比べてどういう位置づけなのかよくわかりませんが(まとまったデータがない)、26法律89条項が委任された割には少ない印象を持ちます。

本来移譲してほしいものが移譲されないということもあるかもしれませんが、「分権改革といっても現実はなかなか難しい」という印象を受けます。

なおこれらの検討項目は、今後パブリックコメント募集(県民意見収集)として公表されます。

★静岡県パブリックコメントのページ

とっつきにくいかもしれませんが、これも“参加型民主主義”のひとつのツールですので、興味のある事項があればご参考いただき、ご意見をいただければと思います。

|
|

« ふじっぴー家の家計簿(12/5) | トップページ | 静岡県の資産経営(12/9) »

01.総務・行政経営・危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/56264650

この記事へのトラックバック一覧です: 分権改革の進捗状況(12/6):

« ふじっぴー家の家計簿(12/5) | トップページ | 静岡県の資産経営(12/9) »