« インフラ施設の老朽化対策(12/20) | トップページ | 地方制度調査会(12/26) »

ネーミングライツ苦戦(12/24)

イブですね~。「神の御子は今宵しも♪・・・」と歌っていたこどもの頃が懐かしいです。

さて、静岡市が募集していた「清水日本平運動公園球技場」のネーミングライツ(命名権)募集が不調に終わったとのことです。

同球技場は平成21年3月から「アウトソーシングスタジアム日本平」という名で親しまれていましたが、契約が切れることから静岡市が募集していました。

★静岡市のネーミングライツ募集サイト

希望契約価格は5千万円以上、期間は3年間以上とのことでしたが、このハードルが高かったということでしょうか。リーマンショック後の企業の懐具合を象徴しているように思えます。

この他にもネット検索すると、さまざまな事例がでてきますね。

★栃木県のネーミングライツ導入の取り組み

★選定結果

「市の名前」を含むネーミングライツ募集を行った大阪府泉佐野市では、さすがに市名はムリでしたが、企業提案により施設のネーミングライツは3ヵ所決まったようです。

名古屋市の提案型ネーミングライツの結果は未公表ですが状況が注目されます。名古屋市はこんなネーミングライツ募集も行っています。

★名古屋市の歩道橋

各自治体で歳入確保策に汗をかいていますが、一工夫必要な時代になってきました。静岡県も“思考停止”にならないように努力しなければいけません。

|
|

« インフラ施設の老朽化対策(12/20) | トップページ | 地方制度調査会(12/26) »

01.総務・行政経営・危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/56386000

この記事へのトラックバック一覧です: ネーミングライツ苦戦(12/24):

« インフラ施設の老朽化対策(12/20) | トップページ | 地方制度調査会(12/26) »