« 元旦にかかる霓(1/1) | トップページ | 後援会だより新春号(1/5) »

ライスボウル(1/4)

284858_387866451307135_913596299_n 年初の取引で株価が上昇。為替も円安に振れています。アメリカの経済危機回避で回復の動きが出ています。

しかし輸出関連企業にとって1ドル90円くらいでは、まだ収益は厳しいです。引き続き、新産業の育成や東南アジア経済の成長を還元し、元気な静岡県経済を取り戻すために頑張りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

さてここ数日、箱根駅伝をはじめ新春スポーツをTVで楽しんでいますが、「自らを戒めねば・・・」と思ったのが、昨日の“ライスボウル”でした。

昨年、悔しい思いをした関西学院大学ファイターズ。打倒オービックにむけて1年間努力を続けました。

学生日本一を決める法政大学との“甲子園ボウル”でもQB負傷で苦戦する中、最後の最後で逆転勝利。勝利への執念を見せました。

“ライスボウル”でも劣勢を跳ね返し、頭脳的なプレーで終了間際まで社会人チーム オービックを追い詰めましたが、最後の最後で再逆転を許し涙をのみました。

オービックの攻撃をインターセプトしたところで残り1分39秒、「勝った」と思ったでしょうね。

常識的にも誰もが「関学の勝ち」と思ったでしょう。しかし勝利の女神は冷酷です。

油断、緩みというには、あまりにも過酷な結果ですが、「明日は我が身」と身につまされました。

スポーツはまさに人生の縮図です。

【写真は昨日撮ったもの。寒さの中にも春の足音ですね】

|
|

« 元旦にかかる霓(1/1) | トップページ | 後援会だより新春号(1/5) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/56470505

この記事へのトラックバック一覧です: ライスボウル(1/4):

« 元旦にかかる霓(1/1) | トップページ | 後援会だより新春号(1/5) »