« 後援会だより新春号(1/5) | トップページ | 自治体にも成果主義の波(1/8) »

“日本酒で乾杯”条例(1/6)

今日は「浜松青年会議所(JC)」の賀詞交歓会に参加しました。「JC」は若手経営者を中心とした公益社団法人で、選挙の時に公開討論会を主催するなど、地域でさまざまな活動をしています。

今年は「絆」をスローガンに、「明るい浜松の創造」をめざして活動するとのこと。来月行われる「エンジン01文化戦略会議」にも積極的にかかわっていますが、若いみなさんの力で浜松を盛り上げていただきたいですね。

来賓の川勝知事があいさつの中でこんな話をしていました。

「浜松をはじめ県内にはおいしい日本酒がたくさんある。祝宴の乾杯はビールではなく、地元のお酒を使ってはどうか・・・」。

今日の乾杯は、地元のお酒「出世城」でしたが、こうした“地産地消”も大切です。

それで思い出したのがこの話題。年末、京都市でこんな条例が成立しています。正式には「京都市清酒の普及の促進に関する条例」といいます。

★条例に関する京都市会のサイト

(余談ですが京都や大阪、神戸、横浜のような昔からの政令市は「市議会」ではなく「市会」と呼んでいます。府は府議会なんですが“こだわり”なんでしょうかね)

ネットニュースでも報道されていますので検索していただければと思いますが、酒どころ“伏見”を抱える京都ならではのユニークな条例です。

静岡だったら、さしずめ “お茶の普及促進” ですね。いずれにしても、地産地消で経済を回していくという視点は忘れてはいけません。

「域内GDP」なんて言葉も耳にしますが、こうした視点も大切にしながら今年1年考えていきたいと思います。

|
|

« 後援会だより新春号(1/5) | トップページ | 自治体にも成果主義の波(1/8) »

14.プライベート・日記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!

地産地消いいですね。。。

浜松のお酒も飲んでみたいです

投稿: いちろん | 2013年1月 6日 (日) 22時04分

いちろんさん、はじめまして。
久保田や八海山など新潟のお酒もおいしいですが、浜松、静岡のお酒もぜひお試しください。
以前は“甘め”が多かったですが、最近のものはウマイですよ~。

投稿: 田口 章 | 2013年1月 8日 (火) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/56482657

この記事へのトラックバック一覧です: “日本酒で乾杯”条例(1/6):

« 後援会だより新春号(1/5) | トップページ | 自治体にも成果主義の波(1/8) »