« 教育行政のあり方検討会(1/12) | トップページ | 防潮堤整備計画(1/16) »

地方交付税の削減(1/15)

政権交代を受けて、地方交付税の削減が現実味を帯びてきました。内容は地方公務員人件費部分です。

この話題は今に始まったことではなく、昨年夏から議論されていました。

ことの起こりは国家公務員の給与削減に端を発しています。これは前政権で平成24・25年度の2ヵ年にわたって給与費を7.8%削減し、復興財源にあてているものです。

地方公務員の人件費や給与の仕組みは “国家公務員に準じる” ケースが多いですが、「ならばこれも準じるべき」ということでしょう。

ちなみに交付税だけだと6000億円程度とのことですが、臨時財政対策債も同程度削減される可能性がありますので、合計では1兆2千億円規模となります。

全国知事会の山田京都府知事は異議を述べているようですが、単に公務員人件費の削減に止まらず、国と地方のあり方や交付税制度、臨財債まで含めた全体の議論につなげていただきたいものです。

|
|

« 教育行政のあり方検討会(1/12) | トップページ | 防潮堤整備計画(1/16) »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/56552838

この記事へのトラックバック一覧です: 地方交付税の削減(1/15):

« 教育行政のあり方検討会(1/12) | トップページ | 防潮堤整備計画(1/16) »