« 第4次地震被害想定(6/27) | トップページ | 浜名湖花博2014~花と緑の祭典~(6/28) »

6月定例会開会(6/28)

静岡県議会6月定例会が開会しました。・・・といっても、明日から休会で、次回は参議院選挙(おそらく)後の7/22(月)となります。

今日は知事の提案趣旨説明がメインで、再選を受けての「所信表明」ともいえるものでした。

「オールサイドの立場で、370万県民の幸せと静岡県の一層の発展のため、全身全霊を尽くす」

「今年度は、総合計画の基本計画の最終年度。これまでの取り組みを総括的に評価し、年度内に新しい基本計画を策定し、“ふじのくに”づくりの総仕上げの道筋を明確にする」

「最優先は喫緊の課題を解消し、県民生活を守る取組。『地震・津波対策アクションプログラム2013』に基づき対策を早急に進める」

「雇用・経済対策、保育所待機児童の解消、子育て環境の向上による少子化対策にも着実に取り組む」

「国に先駆けて教育再生改革を実現し、健康寿命日本一を確固たるものにすべく健康づくりを推進する」

「静岡県は、富士山の世界文化遺産登録を経て、これまでにも増して、国内外の人々の憧れを集める地域になることが期待される。誇りと自覚を県民の皆様と共有し、手を携えて“ふじのくに”づくりにまい進していく」

・・・など、選挙戦で訴えていたことなどを力強く述べました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに直近の県政課題としては・・・、

「富士山の世界文化遺産登録」を受けての来訪者対策や「世界遺産センター(仮称)」の整備。エネルギー政策の推進、「茶草場農法」の世界農業遺産認定、地域外交などに触れていました。

また7/5に秋葉原にできる県産品アンテナコーナー「ふじのくにおいしい処(どころ)静岡(愛称『おいしず』)」の紹介や、「浜名湖花博2014~花と緑の祭典~」の前売入場券を7月から販売することなども紹介していました。

また行財政改革では、来月、「ふじのくに行財政革新戦略会議」を設置すると表明。看板だけでなく、“革新的な”行財政改革につながる議論を期待したいと思います。

あわせて、これまで行っていた「事業仕分け」をリニューアルし、「ふじのくに士民協働事業レビュー」を9月に実施することなどを話しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は昨年度の決算速報も公表されました。

県税収入は23年度比84億円(2.1%)増の4062億86百万円。

主な増加要因は、法人二税が企業収益の改善に伴い40億円増、個人県民税が年少扶養控除の廃止や徴収対策の強化などにより47億円増となりました。またエコカー減税の改定による自動車取得税16億円増などがあります。

減少要因は、消費の落ち込みにより地方消費税が約6.7億円の減、自動車保有台数の減少により自動車税が4.5億円の減、また核燃料税は0円となり前年の1.8億円から皆減となりました。

実質収支残は59億74百万円(私は“黒字”とはいいません)とのこと。“黒字”なんて浮かれていてはいけません。借金は増える一方です。

|
|

« 第4次地震被害想定(6/27) | トップページ | 浜名湖花博2014~花と緑の祭典~(6/28) »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/57682305

この記事へのトラックバック一覧です: 6月定例会開会(6/28):

« 第4次地震被害想定(6/27) | トップページ | 浜名湖花博2014~花と緑の祭典~(6/28) »