« 県政報告盛夏号(8/8) | トップページ | 山形県視察(8/14) »

借金1000兆円に思う(8/9)

国の借金が6月末で1000兆円を超えたとの報道がありました。

税収は約43兆円。仮に国債金利が2%に上昇すれば、将来の利払いだけで20兆円となりますが、ホントに日本の財政運営は大丈夫でしょうか・・・。

一方、「資産もあるじゃないか」という声も聞きます。しかしとても見合った資産があるとは思えません。下記をご覧ください。完全に債務超過です。

★平成23年度連結財務諸表(財務省のサイト)

国のことはもちろん心配ですが、私は私の守備範囲でできることをやらねば、という意を強くしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日と今日の2日間、自治体経営改革のセミナーを受講しました。

講師は関西学院大学専門職大学院の石原俊彦教授。

石原教授からは、年に1~2回、研修を受けていますが、その都度新しい発見があります。

今回も、新公会計制度などを通して、地方財政の課題や解決に向けての考え方など、さまざまな課題提起をいただきました。

Bs 写真(クリックすると拡大)は静岡県のバランスシートです。

今回、特に、バランスシートを活用しての「ファシリティマネジメント < アセットマネジメント < フィナンシャルマネジメント」という視点を教えていただきましたが、大いに参考にしたいと思います。

すなわち、「ハコモノやインフラなど有形固定資産の分析を進めることはもちろん必要ですが、個別の施設・インフラの維持修繕などの部分的な議論ではなく、中長期的な財政まで見据えた資産と負債の最適化を考えないといけない」ということです。

さらに、資産形成を伴わない「臨時財政対策債」や「退職手当債」の評価や、国の直轄事業に係る負担金も指摘していました。

行政組織はタテ割りですので、職員さんも自分の仕事には熱心ですが、全体を見渡すことができません。「木を見て森を見ず」にならないように注意が必要ですね。

★静岡県の財務諸表(県のサイト)詳しくご覧になりたい方はどうぞ。

|
|

« 県政報告盛夏号(8/8) | トップページ | 山形県視察(8/14) »

01.総務・行政経営・危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/57958159

この記事へのトラックバック一覧です: 借金1000兆円に思う(8/9):

« 県政報告盛夏号(8/8) | トップページ | 山形県視察(8/14) »