« ブログさぼり病(10/14) | トップページ | 県の財政認識【一般質問①】 »

9月定例会を振り返って(10/18)

あわただしかった9月定例会が昨日閉会しました。

昨日は最終日の審議・採決が行われ、知事提出議案27件と意見書5本を全会一致で可決しました。

★審議結果(県議会のサイト)

★可決された意見書(同)

当初、今議会に当会派から提出した意見書は2つ。「重度障害者(児)医療費助成制度の創設」は原案どおり可決されましたが、「自動車関係諸税のあり方についての意見書」は本会議への提出が見送られました。

この意見書の趣旨は、「来年4月の消費税引き上げに伴う自動車取得税の見直しにあたり、代替財源を自動車税や軽自動車税に求めないことを要望する」というものです。

地方の足として欠かせない自動車ユーザーの負担軽減や、本県経済に大きな影響を持つ自動車産業の基盤維持のために必要と考えましたが、小委員会による事前調整の結果、残念ながら会派間の合意が得られませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本会議終了後は議会運営委員会が行われ、今定例会から導入された「一問一答方式」「分割質問方式」の課題と改善手法を検討しました。

本会議で質問に立った16人のうち、8人が新たな方式で質問しましたが、課題の1つは時間が延びたことです。

従来から質問者の持ち時間は代表質問で45分、一般質問で25分となっており、答弁を含めて、全体では、概ね90分、50分となっていました。

しかし今回導入された方式は、再質問が増えるため、質問者の持ち時間はこれまでどおりですが、答弁時間が長くなり、トータルで10分以上オーバーするケースが続出しました。

今後は、質問項目を精査するとともに、簡潔な答弁を心がけることのほか、対面演壇からの質問に対しては、自席で答弁することになりました(演壇までの移動時間の短縮)。

12月定例会での改善が期待されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後からは、川勝知事に「総合計画の次期基本計画」に対する会派としての意見を提出しました。

「総合計画の次期基本計画」は、平成26年度から4年間の基本的な施策を決める重要な計画です。策定にあたっては、県民のみなさまからのご意見や審議会での意見をいただくほか、議会としても関与することになっています。

9月定例会では、常任委員会で22年度から25年度までの「(現)基本計画」の評価をチェックし、さらに各会派から意見等を提出しました。

昨日、当会派から出した意見書は下記のとおりです。

★次期基本計画に対する意見提出について (PDF)

意見提出にあたり会派政調会を中心に研修を行いました。ベースにした資料は下記をご覧ください。

★後期アクションプラン(仮称)の構成案(PDF)

各会派から出された意見・提言を拝見しましたが、それぞれ独自調査に基づき、しっかりと研究されているようでした。私たちも“善政競争”をしていかないといけませんね。

今後は今回の各会派からの意見・提言を反映した「案」が12月定例会の常任委員会で議論することになります。

さらにそれを踏まえて、2月定例会で集中審査を行い、3月に策定されることになります。

こうして「富国有徳の理想郷“ふじのくに”」づくりの第2章の具体的な羅針盤ができあがる予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後にお詫びを申し上げます。

昨日、県議会議員の政務調査費不適正使用についての調査結果が公表され、私にも対象となる支出がありました。

平成23年度に掛川市で行われた、しんば賀津也参議院議員の「政治セミナー」に参加した際の交通費で、JR高塚駅から掛川駅までのJR東海道線 往復運賃1140円が不適正とされました。

政務調査費(現・政務活動費)の財源は、みなさまからいただいている貴重な税金ですので、今後はルールに従い適正に使用させていただくことをお約束するとともに、ムダな支出をしないようにしてまいります。

謹んでお詫び申し上げます。

|
|

« ブログさぼり病(10/14) | トップページ | 県の財政認識【一般質問①】 »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/58407325

この記事へのトラックバック一覧です: 9月定例会を振り返って(10/18):

« ブログさぼり病(10/14) | トップページ | 県の財政認識【一般質問①】 »