« 水素エネルギーの将来(2/4) | トップページ | 監査委員事務局の共同設置(2/9) »

EAGLE PROJECT(2/5)

Eagle1北九州視察2日目。電源開発(J-POWER)株式会社さまを訪問。

風力や太陽光など再生可能エネルギーの他、高効率の石炭コンバインドサイクル発電やCO2の分離回収技術のお話を聞きました。

プロジェクト名の「EAGLE」は、coal Energy Application for Gas , Liquid & Electricity の略。石炭のクリーンエネルギー化に向けた取り組みです。

月曜の講演会で将来エネルギーの概要を聞いていたため、特にCO2分離改修技術に興味を惹かれました。

CO2の回収は「CCS」と呼ばれ、検索するといろんな情報が出てきます。貯留技術は私は詳しく聞いていませんが、分離回収が可能になったということです。

広島県に17万KWの発電所を建設し、2017年から稼動させるとのこと。

石炭は安価ですが燃焼効率が悪くCO2の発生がネックでしたが、解消できればまだまだ有望なエネルギー資源です。今後の技術革新に注目したいと思います。

今日はこのほか、北九州エコタウン内の風力発電施設や、福岡市の下水汚泥のエネルギー資源としての活用事例などを視察しました。

エネルギーのベストミックスは難しい課題ですが、引き続き勉強していきます。

|
|

« 水素エネルギーの将来(2/4) | トップページ | 監査委員事務局の共同設置(2/9) »

02.企画・文化・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/59087654

この記事へのトラックバック一覧です: EAGLE PROJECT(2/5):

« 水素エネルギーの将来(2/4) | トップページ | 監査委員事務局の共同設置(2/9) »