« 今日のフラワーパーク(4/3) | トップページ | 県政報告会のご案内(4/5) »

大学とは何か?(4/4)

静岡文化芸術大学の入学式に出席しました。

平均競争率5.99倍の難関を突破した343人の新入生は、浜松市内の高校卒業生が約50人、静岡県内が156人(45.5%)に対し、県外が187人(54.5%)と半数を超えています。

北は北海道から、南は沖縄まで、全国各地から志を持った学生を集めるという点は、「文化芸術・デザイン」という学問の切り口を持つ大学のビジョンが明確だからこそ。県の人材育成の柱である「有徳の人づくり」に通じるところがあります。

県外の学生さんが有意義な4年間を過ごし、「浜松そして静岡県はすばらしいところだ」と実感してもらえるように、地域全体で見守ってあげたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつ聞いても参考になる熊倉功夫学長の式辞は・・・、

「大学とは何か?それは自由な学びの場である。自分の意志ですべて選択できる。そのためには自分の意志をしっかり持たなくてはいけない」

「まだ意志が固まっていない人もいるだろうが、今、すべてを決めなくてもよい。今後、どういう方向に向かうか、考えていけばよい」

「大学(のようなもの)は11世紀のイタリアで生まれた。元々は学生の“ギルド”が先生を雇うところからスタートした。学生の側に主体性があった。その後、教員の“ギルド”ができて、今の形になった。“めだかの学校”のように、学生と教職員は対等ということだ」

「“学ぶ”という言葉は、“まねぶ=まねる”すなわち先人の行いをまねることからきている。木村尚三郎初代学長が用いた“ふりかえれば未来”という言葉は、歴史に学べということだ」

「しかし、“伝統文化は日々変化している”ということも忘れてはいけない。変化できないものは消えていき、変化することで伝統文化は生き残っている」

「たとえば相撲は、元は素舞(すまう)。裸で舞う芸能で、横綱はしめ縄を締めた神だった。それが今はスポーツとして日本の伝統文化となっている」

「歴史から学ぶということは、今を批判するということでもある。恵まれた現代の陥穽を見直す必要がある」

「情報はインターネット、モノはコンビニで、必要なものはすぐに手に入るが、それが当たり前と思うと大間違いだ」

「“ストック”こそ大切。知識も同じで、ネットで調べて、自分のもののようにしてはいけない。教養をしっかり身につけて欲しい」

というものでした。

また有馬朗人理事長(元・東大総長、文部大臣)は、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」を紹介。「グローバル化の中でも文化力が重要」と述べていました。

★トビタテ!留学JAPAN (文科省のサイト)

また前学長でもある川勝平太知事は・・・、

「これからの4年間はみなさんの将来を決める。失敗は許される。やるかやらないか。なんでもやってみることだ」

「グローバルの語源globeは地球を表す(世界的とか国際的じゃないってことでしょうか)。地球的、いや宇宙的な観点を持ち、地域に根ざしてほしい」

我が家の大学生にも伝えてやります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は浜名湖ガーデンパーク。

浜名湖花博ガーデンパーク会場、いよいよ明日開幕です!

Cimg8526Cimg8524

Cimg8518013

|
|

« 今日のフラワーパーク(4/3) | トップページ | 県政報告会のご案内(4/5) »

02.企画・文化・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/59411168

この記事へのトラックバック一覧です: 大学とは何か?(4/4):

« 今日のフラワーパーク(4/3) | トップページ | 県政報告会のご案内(4/5) »