« 学生が考える少子化対策 | トップページ | U・Iターン就職支援 »

豪雨情報の見える化

Horidome 昨日はものすごい雨でしたね。磐田市で1時間に50mmを超える雨量を記録したそうですが、私の地元もスゴかったようです。

それを示すのが図のデータです。

「サイポスレーダー」のことはこれまでも何度が書いてきましたので、ブログ愛読者の方にはおなじみと思いますが、またまた記載しておきます。

★サイポスレーダー(静岡県)

図は近所の堀留川にある雨量計と水位計です。

13:00からの10分間で4mmの雨が降り、その後しばらく止んだ後、13:40~13:50までの10分間に、何と23mmの雨を観測しています。その後の10分間は3mmということで、時間雨量は30mmとなっています。

ピークの10分間は23mmですので、その状態が一時間続けば、時間雨量は132mmにもなる計算です。でも最近は実際に時間雨量100mmを超えるケースもありますので、油断はできません。

で、気になる堀留川の水位ですが、その直後、急激に80cmほど水位が上昇しているのがわかります。

リンク先のページの右上に「お知らせメールの設定」があり、私は堀留の情報がメールで入るようにしています。

多くの方に知っていただきたいので、みなさんもまわりの方に教えてあげてください。

|
|

« 学生が考える少子化対策 | トップページ | U・Iターン就職支援 »

06.建設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/60013246

この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨情報の見える化:

« 学生が考える少子化対策 | トップページ | U・Iターン就職支援 »